2005年03月29日

柴田勝家・お市夫妻を想うの巻き

日曜日に、福井市に行って参りました。

 仕事というか、講演で行ったのですが、ついでと言っちゃあ何ですが、福井市といえば、
秀吉に攻められた柴田勝家が、腹を十字にかっさばいて、信長の妹、お市の方と死んだ、
北の庄城があった場所。歴史好きとしては、何としても、現地に行かねばなりますまい。

柴田勝家を知らない人は→http://kotatujo.cool.ne.jp/hyo/itiran/itiran/sibata.htm

 「鬼柴田」と言われ、織田信長の重臣として活躍した柴田勝家。信長の死後、秀吉と争い、
最後は、城を枕に、自刃して果てました。一緒に死んだ奥方のお市は、はやり信長に攻めら
れて死んだ、浅井長政に一度は嫁ぎ、その死後、柴田勝家と再婚して、またの悲劇。

 「お前は3人の娘とともに逃げなさい」と諭す勝家に、お市は、「また私を未亡人にする
のですか。もう、私をひとりにしないで下さい」と言って、一緒に添い遂げたそうです。
 
 残された、3人の娘(実の父は浅井長政)も、すごい人生を送ります。
 長女は秀吉の側室淀君。三女お江は将軍秀忠正室。次女お初は京極高次に嫁ぎ、大阪の陣の
折には、徳川の使者として、豊臣側に降伏を勧めに大阪城に入ったりしています。

柴田勝家、お市、そして3人の娘がつかの間の幸せを楽しんだ北の庄城。

北の庄blog2.jpg


 最近発掘された、北の庄城の石垣は、江戸時代に入った家康の次男・結城秀康が福井城を
作る時に破壊したことがわかったとのこと。

なんか、しみじみしませんか。強者が歴史を作るとはいえ。なんか。しみじみ。

 柴田神社というところに、その発掘された北の庄城の石垣が展示されています。

北の庄blog.jpg

 その後、福井市立郷土歴史博物館に足を伸ばし、大好きな坂本竜馬とも親交のあった、幕末
の福井藩主松平春嶽の遺品などを見ました。

 幕末、安政の大獄で斬首になった、福井の志士、橋本佐内が使っていた、本箱が、展示されていました。

橋本佐内blog.jpg


「急流中底之柱 即是 大丈夫之心」

「急流の中で押し流されずに立っている柱こそ、立派な男子の心の姿である」
そう、本箱に佐内の直筆で書いてあります。きっと、これを見て、自分を奮い立たせ、
明治維新へ向けて突き進んで死んでいったのでしょうね。うーん。深い。
僕はすぐに流されそうになるものなぁ。まだまだ未熟です。佐内先生!
 
「人間おのずから用に適する所あり、天下何ぞなすべき時なからむ」
「誰にでも何かの仕事に適する素質があります。世の中が必要とするものは多く、
 自分が役に立てる仕事がない、などとということ決してありません」

 これも、佐内が残した言葉です。本当にそうだと思います。すべての人に何らかの役割が
あって生きている。

勝家・お市にしろ、佐内にしろ、生きたくても生き続けられない人生があった。

頑張って、日々を過ごさないとですね。そう思えた、福井の一日でした。







posted by toeda at 00:51| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

真打登場!虎蔵ですの巻き

MAX8・5kgの巨大猫。それが虎蔵です。

虎蔵は、今でこそ、14歳となり、おじいちゃんになって、だいぶ痩せましたが、太っていた時には、8.5kgもありました。

特に、何をした訳でもないのですが。なんか、巨大猫になってしまいました。

虎蔵は、僕が仕事を始めた年に、道路の真ん中でうごめいていたのを保護しました。
その日、働いていた施設の配達で、仕事を頂いている工場に向かっていました。
何気なく、道路を見ると、何やら、生き物が道路の真ん中で、うごめいています。

「もっ、もぐらか?」

僕の手のひらほどの大きさの生き物でしたので、僕は、その生き物がもぐら
だと思い込みました。それにしても。もぐらは、日に当たるとまぶしくて死んじゃうはず。
確か、子どもの頃に読んだ絵本にそう書いてあった。

けげんに思いながらも、道路の真ん中に放っておいては、いつかひかれると、後ろの車に
クラクションを鳴らされながら、僕は車を止め、その物体を保護したのです。

「なっ!ね、ねこだ!」

その物体は、まだ、へその緒がついているような、目の開いていない猫の子でした。

その日から、僕の育児が始まりました。夜中でも3時間おきにミルクを作って飲ませ、
お母さん猫が舐める代わりに、僕がおちんちんをティッシュでこすって排尿させ、
そりゃもう、大変。虎蔵を手のひらに乗せて、そのまま寝込む毎日でした。

そんな努力の甲斐あって、いや、頑張りすぎたのか、虎蔵はすくすくと育ち、
立派な 力士 虎猫に育ったのです。

どうですか?全盛期のこのお腹。(−。−;

あかんべとら全身blog (1).jpg

彼は、目が開いた時に、初めて見たのが、僕だったので、おじいちゃんになった今でも、
僕を親だと思い込み、僕の手の指をちゅ〜ちゅ〜吸いながら、毎晩寝ています。
僕も、彼の頭をぐりぐり。足元には、八兵衛。そんな状態で、毎晩寝ているのです。







posted by toeda at 00:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

うっかり八兵衛の巻

うっかりしているのは、水戸黄門のあの人だけではありません。

うちの猫、八兵衛(はちべい)も、うっかりしています。そのうっかり振りたるや、
かなりのものです。

ハチは、3匹兄弟です。ハチ以外は真っ黒黒猫。

僕が道端で、ガリガリにやせ細っていた3匹の捨て猫を拾い、家で餌をやりながら、
飼い主を探したのですが、子猫をもらいに来た人すべてが、最初は、模様の可愛い、
ハチに目を付けるのに、しばらく彼の行動を見ていると、「くっ、黒猫の方が、いっ、いい
かな」とか言っちゃって。
黒猫は、あっと言う間に飼い主が見つかったのですが、ハチはついに飼い主が見つからず。
結果として、僕がそのまま飼っているのです。

どうして、見に来た人が彼に呆れたかというと。

とにかく彼は、落ち着きがありません。10歳を遥かに越えた今でも、理由がさっぱりない
状態でも、家の中を、たったた〜と走り回り、何に向かっているのかもわからない状態で、
びょ〜んと飛んでいます。なんなんでしょう。

そうそう。3匹の子猫状態だった時。ある日、3匹の子猫が、何やらえらい勢いで鳴き出した
ことがありました。僕が何事かと思って、見に行くと、2匹の子猫がトイレのドアをガリガリ
していて、トイレから、ハチの切羽詰った声が聞こえてきました。

「何で、ハチが、トイレで鳴いているんだろう?」

不思議に思った僕が、トイレを覗くと・・・。

ぼっとんトイレに、今にも落ちそうなハチが、必死に足を広げて、
便器に踏ん張り、助けを求めていました。
「げっ!は、ハチ君、大丈夫かぁ!」と、僕は慌てて彼を救い出しました。
救出され、下に降りた彼は、すごい勢いで、ぴゅ〜!どこかに走り去りました。

救出した時は、こっちも焦って、必死の救出だったのですが、後から、彼の必死に
便器に踏ん張る様を思い出して、可笑しくておかしくて、一人大笑いをしてしまいました。

そんな訳で。彼の名前は「うっかり八兵衛」なのです。

あくびハチ blog(1).jpg

ちなみに。彼の弟分だから、犬は十兵衛。十兵衛も、うっかりしているのです。








posted by toeda at 00:09| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

僕は十兵衛(じゅうべい)です!の巻

「遠い目して、ひらすら犬猫を撫でているんですぅ。」

「戸枝さんは、休みの日に何をしているんですか?」という質問をされる
と、僕は、必ずそう答えます。

付け加えるなら、「相当のアホ面で、よだれが垂れんばかりの勢いで」
か猫を、ひたすら撫でているのです。

今回から、3回に渡り、僕の休日のアイドル、犬の十兵衛と猫の虎蔵・八兵衛の紹介をしよう
と思います。ううっ。ただのペット自慢だ。ただのデレデレペット自慢だ。ううっ。
でも、紹介するっ。するのさ。

今回紹介の十兵衛君は、一昨年11月6日生まれのチワワです。
チワワには毛の長いロングと短いスムースというのがいるのですが、十兵衛はスムース。

色はブラック、目の上がマロのようになっているのはタンが入っているといいます。
胸の辺りが白いので、まとめるとブラックタンホワイトのスムースチワワということに。
ふふん。高級そうでしょう。

最近は、チョコレート色の毛色も見られるようになってきました。片親がチョコタンなので、
そのせいでしょうか。

十兵衛は、僕が一昨年、うつっぽかった時に、気晴らしにネットオークションで犬
のページを見ていて見つけました。ネットオークションで買ったのです。


何千頭という犬が、ネットオークションで売られていました。僕は、こんな多忙な毎日です
から、犬を飼うなんて、全然無理だと思っていたので、それらの多くの犬を、まったく買う
気などなく、ただ、「かわいいなぁ、かわいいなぁ」と眺めていました。

その時。一枚の写真が僕の目に飛び込んできました。「うっ。うそぉ。かわいい、かわい
過ぎるっ(絶句)」一目惚れでした。僕が大好きなブラックタンだということもありますが、

何より、そのアホらしい間抜けな顔が、僕のハートを「ヅッキュ〜ン!」と打ち抜きました。

どれほど多くの犬の写真を見たかわかりませんが、こんなに好みの犬は、初めてです。
お金がないので、「これしか出せません!」というかなり安い金額をオークションに書き込み
ました。そしたら、数日後、なぜか見事落札!パソコンの前で一人小躍りしました。

そんな訳で、ほとんど衝動買いモードで、この犬は、うちの住人になった訳です。
僕があまり家にいないからか、余計、僕がいると甘えてきます。
そんな訳で、僕は、家にいる時は、ずっと、犬と遊ぶことになるのです。

僕に衝撃を与えた、十兵衛ぷりてぃ〜♪オークション写真、保存してあるので、見て下さい。

どうですかねぇ。

兵衛blog.jpg

あなたも「ヅッキュ〜ン!」されましたか?されたでしょう?ふふふ。
そうでしょう。ふふふ。ふふふ。

うちの犬、ぷりてぃです。本当に。ふふふ。ふふふ。









posted by toeda at 18:24| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

雪国エレクトリカルパレードの巻

雪国 008.jpg

飛行機に乗って、雪国に行って来ました。

何年か前は、スキー場に人工雪を撒くなんて騒ぎがあった位の暖冬でしたが、
今年の冬は、十何年振りと言う位の豪雪。どこのスキー場も、リフトが埋まらないかと
心配するほどだそうです。

そんな訳ですから、僕が行った街も、たくさんの雪が積もっていました。

最近、いろいろなところに呼んで頂くのですが、ゆっくり日程を取って、観光を楽しむ
なんて余裕はないため、ほとんど、どこの街も、空港や駅とホテルの周りしか知らないで、
帰ってくるばかり。

一昨日は、そんな旅ばかりでは寂しいと、地元の皆さんと交流会をした後、
いそいそとホテルを抜け出し、雪夜の散歩に出掛けました。

雪はかなりの大きな粒で、降り続いていました。でも、ぴんと張った空気が顔にあたり、
とても気持ち良く感じられます。

知多では滅多に見られない、真っ白な息を、はぁ〜、はぁ〜とワザと吐きながら、
ホテルの前の道路にある、スタッドレスタイヤで削られて、すっかり線が無くなっている
横断歩道を渡ろうとしました。
その時、何やら、キラキラ光るものが目に入ってきました。

何だろうと、道路の端にしゃがみ込んで、じっと見ると、それは、凍結防止のためだと
思うのですが、道路の真ん中から、噴水のように吹き出ている水でした。
噴出す水に、車のライトが当たると、あめ色に輝いて、きれいに見えるのでした。

「ほ〜!」っと、自然に出る白い息を吐いて、しばらく、そのまま、そこに座り込んで、
雪国のエレクトリカルパレードを見つめていました。


薄着で行ったためか、しばらく眺めていると、体が冷えて来ました。
遅い時間だったので、眠くもなってきました。
映画、「八甲田山」をふっと思い出して、自分で自分に、「ねちゃだめだぁ!しぬぞぉ!」
と突っ込み、雪に埋もれて遭難する自分を思い浮かべながら、ニヤニヤと立ち上がりました。

立ち上がり、ふっと目を上げると・・・。

濡れた道路に、車や信号の明かりが反射して、街全体が輝いていました。

コンビニでおでんを買って、ホテルに帰りました。
ふ〜、ふ〜と、それを食べながら、僕は、寒がりだけれど、たまに雪国にくるのも、
いいものだと思いました。
posted by toeda at 00:30| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする