2009年12月04日

彼らにはやっぱりオーダーメイドハウスやわの巻き

in America ホーム編!

行動援護対象者のホーム研究も。今回の訪米の大きな目的のひとつ。

GHAのホームをいくつか見学させて頂きました。

噛まない視覚支援.JPG

「噛んだりぶったり、頭突きなんて、しないでね❤」視覚支援。

なかなかシビアな人がいるんだなぁと。ちょい緊張。(/_;)

マネキンの部屋.JPG

緊張を切り裂くように! うわぁ! なまくびぃいぃ〜!(;O;)

ハサミとブラシもあって。美容マニアな方の部屋とのこと。ひぃ〜。

ツリーの部屋.JPG

一転、キラキラ夢の国ルーム !(^^)!

ここの住人さんは、光るきれいなものが大好きだとのこと。

自分でビーズなどを糸に通してアクセサリーにして売るのが仕事だと
言っていました。マーケットなどで売るそうです。

制作したアクセサリーを誇らしげに見せてくださいました。

趣味が仕事になっているって。素敵ですよね。

ホームのワークシステム.JPG

キラキラルームの方の。ホーム内での生活のワークシステム(予定の
視覚支援)です。

ダイエットのための食事に関するワークシステムなんかもありました。

ホームの間取り.JPG

キラキラルームのあるホームの間取りです。
真中にスタッフルームがあって。4つ住人の部屋があります。

昼間はほぼ、マンツーマンで支援がつき、夜はひとり夜勤という体制の
ようです。

部屋ごとにキッチンと、風呂、トイレ。
自閉症の方が共同生活する場合。個別性を高めた方がいいですもんね。

むそうの新しいホームも。各部屋毎に風呂トイレをつける設計なので
すが。やっぱり正しい方向性ですね。

電飾の部屋.JPG

電飾ルームです。(*^^)v 窓枠に何本もライトアップ電飾が。
部屋の住人さんが暗くして電飾のキラキラ
を楽しむのが大好きとのこと。

ひとりスヌーズレンですね。

ジュースの視覚支援.JPG

キッチンに貼ってあったジュースを飲むまでの視覚支援。

自閉症の方達は、言葉を理解するのが苦手の人が多いです。

このように見てわかるように、マニュアルを作ってあげると、
自分でこれを見てやれるようになります。

うんぷうのラーメンチームなどもこのような視覚支援で、ラーメン作り
を覚えていきました。

黒板の部屋2.JPG

今回、一番感動した黒板ルーム! \(◎o◎)/

黒板の部屋1.JPG

落書きが問題行動だとされていた人の部屋。

GHAスタッフは。「思う存分書いたらいいじゃない」ということで。
壁もベッドも。すべてが黒板状になっている部屋を作ってしまいました。

まず、彼らの行動を前向きなものに変える環境整備をして。
精神的なゆとりを導いてから、様々な生活体験を積み上げていく。

それがGHAの、ティーチプログラムのやり方なのです。

「彼らなりのライフスタイル、彼らなりの文化があって何がいけないの?」

ドーン・アレンは、こんなこと、当然のことだと言います。

ふわり・むそうの実践で。彼らの文化を優先して支援していると。

彼らをフツウの人間にトレーニングして変えられると言っている。
僕に言わせれば実はなんの専門性もない「専門家」達が批判してきます。

やっぱり。僕達のやり方、考え方は間違っていなかったと。
この部屋をみて、感動しました。

唾を吐くなら吐くとして、叫ぶなら叫ぶとして。
そのためにどんな環境整備をするのか。

生活が満たされた楽しいものになった時に初めて。
彼らの心はさらによりよい世界を求めて、伸びていくのでしょう。

みんな違っていい。それぞれの暮らしがあっていいのです。
posted by toeda at 21:10| 🌁| Comment(7) | TrackBack(1) | 行動援護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする