2009年07月05日

百聞は一見にしかずの巻き

映画「降りてゆく生き方」を見てきた!

鎌倉まで行って。しかも、1000円だから車で。疲れたぁ。

090705_104641.jpg

鎌倉の大仏って。背中が開くって知ってました?

ちょっと。見ちゃいけないものを見たようでショック。(>□<)

ショックを打ち消す。由比ヶ浜のしらすたっぷり丼を食べて満足。

090705_123544.jpg

うふ。

上映会は。これ→http://www.nippon-p.org/blog/2009/05/_in_46.html

この映画のスペシャルクリエイター・西崎英明さんの奥様が個人で
上映活動を始めたのが。

数珠つなぎに繋がって、何と400名を越える参加。すごい!

西崎英明さんは、この映画の美術イメージなどを手がけた方。

映画のタイトルが決まった3日後に末期ガンの告知を受け。
手術をせずに、この映画の仕事を最期にと、仕事を続けて。

すべてを仕上げて、親しい方とお別れをして、永眠されたとのこと。

その奥様が。夫が最期にした仕事を地元の人に見て欲しいと。
個人でムービーパーティを作り上げました。そして400名。

090704_211002.jpg

その奥様と、出演の権藤栄作さん、プロデューサーの森田さん参加の
舞台挨拶の様子です。

映画だけで大泣きだったのに。奥様の話を聞いて、さらに大泣き。
何なんだろう。この映画に繋がるヒューマンドラマの深さは。

夜は。監督さん、権藤さん、森田さん、奥様や地元の皆さんと一杯。
知多の様子などを語り、皆さん、知多に来て頂けることになりました。

映画は。環境、経済、地域崩壊、商店街、教育、政治etc。。。
とにかく。今の社会問題を深く深く掘り下げている内容でした。

知多に来て下さる、苅谷俊介さんの役が素敵。

人の生きていく本質。これからのコミュニティの有り様を。
短い台詞で、味わい深く、シャープに語ります。

「変革は。弱い所から、小さい所から、遠い所から始まる」
それを実感させられる。深く考えさせられる映画です。

この感動を多くの人と共有したいですね。

個人的には。知多の政治家や行政の方にぜひ見て欲しいと思いました。

この地域が目指すべき方向性をすごく語っている映画です。


個人的には。べてるの家の向谷地さんが。うれしそうに走っている
様子を確認。すごい感動のシーンなのに。ひとりだけ大爆笑。(^o^)

清水義晴さんの雄姿に。元気になられて良かったと銀幕にひとり手を合わせ。

知っている方がスクリーンの中にいることが。とても不思議でした。







posted by toeda at 20:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ず〜っと私らしくmeetingちた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック