2009年07月29日

絶対にえん罪だと確信しますの巻き

厚生労働省:村木厚子さんに会ってきました。

世間を騒がせた。障害者の第三種郵便許可の偽造疑惑で。


僕は。間違いなくえん罪だと思っていますので。そう表現しますが。

不当に拘置されている。村木さんに大阪拘置所で面会できました。

090729_084931.jpg

どうして。無実の人が。こんな囲いの中に。
こんな長期に拘置されるのか。腹立たしい気持ちでいっぱいです。

僕と同じ思いの人達が。いろいろな形でアピールを始めました。

大熊由紀子さんのえにしメールから転載です。

****************************************************************

【「無実の罪で囚われている村木厚子さんの解放を求めます!」】

「えにし」のつどいでおなじみの

堂本暁子さん、樋口恵子さん、
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d49.html
田島良昭さん、浅野史郎さん、
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d50.html
マイクロソフト社社長だった成毛眞さん、元文部大臣の赤松良子さん、
など8人の方が

「無実の罪で囚われている村木厚子さんの解放を求めます!」
と訴えるアピールをきょうの午後、発表なさいました。
新聞・テレビより早いのが自慢の小間使い、以下にアップしましたので
ごらんください。

◆アピール
http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media-07-1.pdf

◆病床から、高知からのメッセージ
http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media-07-2.pdf

****************************************************************

僕は。村木厚子という人の大ファンです。

その信頼は今も変りません。

初めてお会いしたとき。村木さんはこんな話をしてくれました。

「私は労働省出身なので、厚生畑をきちんと勉強して仕事をしたいと
思って、全国の施設や障害者雇用している企業を見て回りました。

それで感じた大きな疑問は、障害者雇用の企業でとても重度の方が
ちゃんと働いていて、最低賃金も保障されている。

それなのに、その企業の人より、明らかに能力のある障害者が、
月数千円の工賃で、しかも福祉の介護報酬も使って施設にいる。

どうして、こんなことが起こっているのかと。これでいいのかと。
強く疑問に感じたんです。」

僕は、すごい普通の感覚を持った、すごく彼らの可能性を信じてくれる
すばらしい官僚が福祉の世界に現れたと、その瞬間村木ファンになり
ました。

村木さんは、その疑問を疑問のままにはしませんでした

企業に頭を下げまくり。企業が障害者を雇用しやすく仕組みを整え。
言葉通りに。障害者もまさに普通に働く環境を。

障害の担当を外れた後も。ライフワークとして、必死にやってくれました。

その後ろ姿を。ずっと手を合わせて感謝し続けた僕としては。

村木厚子という人が。あんな不正をしないと。断言できるわけです。

今日。村木さんは。いつもの笑顔で面会室に現れました。
「こんなこともあるのねぇ。だいぶ、気持ちが落ち着いて来ました」
とまず、おっしゃいました。

様々な人から預かった頑張れメッセージに、ひとつずつ深く頷かれ、
「心を強く持って、頑張ります」とおっしゃいました。

「マスコミも、村木さんの人柄をきちんと書いて、好意的なものが
増えてきました」とお伝えすると、

「多くの人の応援のお陰です。ありがとうございます。」と
深く頭を下げました。

「こんなにゆっくりするのは、子どもを産む産休以来かしら」と
いたずらっぽく笑われましたが。

子どもさんの話になると、母親の顔。とても心配そうでした。

「また。僕達や障害のある人のために、一緒に頑張って下さい。
ずっと待ってますから」というと、「頑張りますから」と。

隣で感極まって、涙ぐむ北岡賢剛に、村木さんももらい泣き。

本当に。胸締め付けられる時間でした。

規定通りの。短くも長い10分間の面会を終え。
僕達に一杯手を振りながら。村木さんは笑顔で扉の向うに消えました。

何でこんなことに。それしか言えません。

090729_093206.jpg

せめてもと。暑いので、ジュースやゼリーなどを差入れ屋さんに頼んで。

重苦しい気持ちを抱えたまま。大阪拘置所を後にしました。

「村木厚子さんを支援する会」HPです。
http://www.airinkai.or.jp/muraki_sien/index.html

posted by toeda at 23:18| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 全国地域生活支援ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不思議な ご縁を感じています。
今朝の毎日新聞に、村木さんと記者との接見の様子が
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090730ddm041040073000c.html

あらいも、朝から泣きました。
遠くからでしたが、滋賀の夜くらいでしかお話など出来ることはなかったですが、村木さんの人柄と思いの強さに、人として魅かれていました。

あらいも信じます。誰がなんと言おうと信じます。
Posted by あらい at 2009年07月30日 09:49
わたしは、村木さんとはお話しした事がないし、
フォーラムなどでもお話を聞いた事がないんですけれど、
この事件が報道されたとき、
どのメディアを見ても「村木さんは、はめられたんじゃないか」と感じたました。

その後どうなったか気になっていましたが、
そうですか、拘置所で過酷な状況で、がんばってらっしゃるのですね。
一刻も早く、真実が明らかになって、村木さんが解放されることを望みます。
Posted by wakky at 2009年07月30日 09:59
あらい様>玉木さんは、僕達の前日に面会された
とのこと。面会は1日1組。村木さんのご主人が、
面会者のマネジメントをされているようです。

wakky様>ありがとうございます。

もう、検察も意地になっているようで。
このままでは、10月まで、拘置のようです。

証拠隠滅、逃亡の恐れ在りという理由で。

ちゃんちゃらおかしいですよね。

こうやって。一度筋書きを書かれると、メンツが
立たないからと。どんどん決まった方向にすべて
が流れる。

今の裁判制度などは、そういう意味では、とても
怖いものだと、痛感しました。

大熊由紀子さんのHPhttp://www.yuki-enishi.com/
から転載です。

村木さん、拘置所からの手紙
http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media-07-4.pdf

婦人公論緊急ルポ
http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media-07-5.pdf

小宮英美さん(NHK)面会ルポ
http://www.yuki-enishi.com/media_shougai/media-07-6.pdf
Posted by とえだ at 2009年07月30日 16:10
僕は・・・村木さんにお会いしたこともお話をしたこともないので。有罪だとか無罪だとか。そんなことはわからないのですが。
ただ、どちらにしろ。
結構一方的な犯人扱いの報道はどうかと思ってしまいます。そういう報道がじゃんじゃんあるなかで、裁判員制度が導入。
マスコミの情報を全く無視して、裁判員が判断ができるのかどうかっていうのはちょっと疑問が残ります。
いろいろな障害者団体も、すでに有罪であるかのような反応。
なんだか・・・ちょっと寂しくなる感じです。
総選挙で、各政党が各政党の揚げ足を取るような現代。
それをどうかと言っている僕を含めた国民も。
大して変わらないのでしょうかね。
Posted by こおめい at 2009年07月31日 21:02
こおめい様>いろんな障害団体じゃなくて。

共作連の藤井克徳さんだけでしょ。
おかしなコメントしているのは。

この事件があったとされる頃に。自立支援法は、
まったく陰も形もなかったですから。

自立支援法に絡めて語ること自体がおかしい。

だいたい。作業所でもまともな所はどんどん法内
化して。収入も増え、運営基盤が安定し。

僕の所にも、コンサルに入った作業所から、
自立支援法になって、頑張って良かったって。

お礼状まで来ているのに。

まだ、前向きなリーダーシップを取れないなんて。

自分が如何でしょうって感じですよ。

自立支援法うんぬんで、お門違いな村木さん
批判をするのは。天につばするようなもんです。


マスコミは。本当にダメだと今回も思いました。

僕の所にも、小倉智昭さんの「とくダネ」のディ
レクターから取材があって。

とにかく、そんな人じゃないと。
隠したり、誤魔化したりも絶対しないと。

一生懸命に説明すると。

「誰からも。村木さんを批判するような。悪い
話がでないんですよねぇ」と一言。

「だったら。そういう人だという声しかないっ
て。番組でやって下さいよ!」と僕がいうと。

「そうですねぇ〜」と。

ようするに。そんな内容じゃ面白くないと。
視聴者受けしないと。そういうことですよね。

厚生労働省のキャリアが悪いことした。
それをみんなで強くなじってスッキリ。

そうならないなら。事実を調べても報道しない。

まさにワイドショー。

政治や行政の質が悪いとすると。
それを放置している国民が悪いように。

メディアは、ある意味で。そういう無責任な
憂さ晴らしが視聴率取るからやっている訳で。

僕は。みのもんたの番組も見ないし。
最近は、報道ステーションも見ない。

低俗な。偏った番組は見ない。

僕に出来るささやかな抵抗。

そういう所から変らないと。ダメでしょう。

ちょっと。内容が過激ですが。

例えば。報道ステーションでの。古館さん、藤井
さんのデタラメ振りです。

http://houdoumimamoru.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-498c.html

事件があったとされる時期は。

自立支援法の動きが始まる8ヶ月前でした。

絶対に、訂正しないですからね。間違っても。

間違ったら、名誉を汚したのと同じ時間。
訂正の番組を流すべきでしょう。

まじめなメディア関係のお友達もたくさんいます。

でも。考えたら、みんな出世してないなぁ。

信用できないメディアって。終わってますよね。
Posted by とえだ at 2009年08月07日 00:00
データー改ざんの件で最高検察の会見で「控訴断念」の言葉を聞き、無罪確定!
村木さんほんとによかった。
(自分はブースの中からしか見てませんが・・。知り合いと思ってました。^^;)

でも怖いわ、「悪」とマスコミで言うといろんな人が尾ひれをつけていくのが・・・。
Posted by naito at 2010年09月21日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック