2009年11月12日

君が望むなら北海の白クマになる覚悟はある!の巻き

小国さんから。やっぱりメールは来ないけれど。。。

絶対。大原がプロテクトしている。間違いない。

まあ。それ以外は。楽しい北海道だった。

091106_161852.jpg

当別町に行き。NPO法人:ゆうゆう24が展開する「共生型」事業の数々
を見学して来ました。

障害者がおしゃれでおいしい喫茶店を運営して。
お年寄りが、併設の駄菓子屋で働き。放課後の子ども達がたむろする。

当別のような、人口2万人切っているというような街では。
このようなユニバーサルな事業展開でないと、事業所が成り立つ
支援対象者のパイが確保できないでしょうし。

何より。皆で支え合う、そのたたずまいがとても自然で。素敵ですよね。

091106_193553.jpg

北海道には。
日本財団プレゼンツ!「移動販売車実演展示セミナーin千歳」
ということで行ったのでした。

名古屋港から苫小牧港まで。フェリーでむそうラーメンカーを運ぶこと
40時間。千歳の相談支援センターに皆様にご協力頂いての開催でした。

10日ほど前から。突然、「ホッカイド〜ウ!ジンギスカン!」と。
何故だか、ピンポイントで言いだした、うんぷう店長西畠義浩様。

ゆうゆう大原様段取りで。ジンギスカン食べ放題を決行!

何故か呼ばれた、みらいず河内。テンパって来れない楽笑小田。
萬年極楽揃わず。無念。。。

西畠店長は大満足。翌日のラーメン販売も超ご機嫌。よかった。(^.^)

091107_121122.jpg

はるにれの里主催で。ちょうど、札幌で、ノースカロライナ大学
TEACCH部部長であられるゲーリー・B・メジボブ先生の講演があり参加。

ベーシックな内容でしたが。それだけ、基本が大事なんだなぁと納得。
個人的には。色を使った構造化がとても参考になりました。

日本で色を使った構造化があまり行われていないのは。
支援する母集団が大き過ぎるからではないかと感じました。

5色位が限界だもんね。

そうだとすると。ケアホームなどこそ。色を使った構造化がとても
有効なのではないかと直感します。

091105_210153.jpg

キンキ。やっぱり煮つけでしょう。脂が乗ってうまかったぁ。。。

寒くなりますが。冬は冬の良さがありますね。北海道には。
posted by toeda at 18:40| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会福祉法人むそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、書き込みをさせて頂いたナガノと申します。北海道の福祉現場の風景を掲載して頂き、とても参考になります。地域、地域での社会状況や福祉観念などその中で形成される福祉の形を見ることは固定観念にとらわれずに多くの可能性を模索できるように思います。経営戦略という枠組みだけではなく、(…福祉)という境界線にとらわれずに少しずつ自然と変化しながら、形成された「共生」という形なのだろうと感じました。

Posted by ナガノ at 2009年11月14日 09:04
色を使った構造化が日本であまり見られないのは、日本文化が原色を好まないからではないかなと。。。和の色とか使ってわかりにく〜い構造化の失敗例を見てきているので。
それと、やっぱり、言葉とか写真とかのほうがいいっていう価値観かなぁ。
日本でも、子どもの支援をしている人たちの中には、色の構造化を使っている人がたくさんいますよ♪(わかりやすいですからね〜)
最近は、一般の世の中の方が色の構造化されてますよね。JRとか病院とか電話・PC関係のコードとかetc.
と、久しぶりなのに、かなりシングルフォーカスなコメントでした(^^;
Posted by やまぐち at 2009年11月16日 23:15
ナガノ様>そうなんですよね。

経営的な戦略は大事だと思いますが。

そのベースが当事者主体かどうか何だと思います。

「ニーズ至上主義」みたいな。

そこが、当別の実践は優れていますね。

多くの人が参画して、話し合って、実践を作って
いるというのが、よくわかります。

やまぐち様>そうかぁ。

字が読める人を中心に支援しているというのも
ありませんかね。

だから、色などを使うまでもないとか。

子どもの構造化には、色を使っているという話を
聞くと、さらにそんな気がするなぁ。

うちは。字が読めない人が多いですからね。
まあ。尽きつめて確認はしていないですけど。

しゃべらないけれど、字が解っている人、結構、
いますからね。


Posted by とえだ at 2009年11月17日 17:07
そうですねぇ。
確かに、字が扱える人しか支援してない・・・というか、できない、ってことはあるかもしれませんね(^^;

結局は、アセスメントですね。
特性や強み、何ができているか、わかっているか、どうすればわかるか、見てくれるか・・・みたいな。

わかれば、伝えあえれば、何でもいいじゃん!っていう文化になるといいですねぇ。
Posted by やまぐち at 2009年11月18日 09:28
山口様>アメリカで、知的障害が重く&自閉という
人の支援も見てこられるといいのですが・・・

今回は、ケアホームが主なポイントなのですが。

就労支援や移動支援も見られないか、関原さんが
調整してくれています。
Posted by とえだ at 2009年11月18日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。