2010年09月13日

10月3日(日):東京で行動援護環境研究会!の巻き

行動援護対象の方の暮らし全般の環境整備を考える会に!

育っていったらいいなぁ。制度を前向きに変えるムーブメントになったらいいなぁ。


そんな想いを込めて。

10月3日(日)東京駅前、TKP・東京駅ビジネスセンター・カンファレンスルーム29B にて。

13時〜18時(その後交流会あり)の予定で。

行動援護環境研究会(準備会)の第1回の会合を行います。

10月3日行動援護環境研究会準備会.pdf

自立支援法廃止というアナウンスに。

何となく、障害福祉全般が立ち止まった感じになっちゃってますが。

自立支援法は、当面、続いていくわけだし。平成24年4月には、その全面見直しがあるはずだし。

だって、総合福祉法が順調にできたと仮定しても、その施行は平成26年4月だしね。だし。

ねじれ国会で自公が強くなり、自立支援法の大幅な内容改訂は新法でも不可能になったしね。だし。


そう思うと。粛々と。必要な見直しへの議論はやるべきだと思うのです。


行動援護。僕個人としても、移動介護の縮小版と揶揄される、現状は満足していません。

ケアホーム内の見守り・危機回避、就労場面での見守り・危機回避。

何より、障害に気づいたばかりの子どもの家庭での行動援護。親への療育も含めたサポート。


そういった、段階に。

行動援護の実態を近づけたい。そのための理論整理が、運動がいる。

そう思っているわけです。


まずは。行動援護の成立過程と現状把握をしよう。

その上で、今後、この概念を生活全般に広げるにはどうするのか、その道筋を展望しよう。

そういう会です。


いつぞや、このBlogで約束した、ノースカロライナ州アルバマーレの実践報告もします。

誰でも参加可能です。ぜひ、興味のある方は、ご参加下さいね。
posted by toeda at 14:18| 愛知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 行動援護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ!!ついに来ましたね。
楽しみにしていました。
あとで、申し込みます。

よろしくお願いします。
Posted by 飯島(NPO法人たんと) at 2010年09月13日 15:53
行動援護。
僕自身は、行動援護の類型に。
当初期待した分だけ、失望を味わっている段階でして・・・。
「使い勝手」という点では、移動支援の方が断然使いやすくて。
ま、それがいいかどうかと言われるとあれなんですが。
現状だけを考えると。
「要件の厳しい移動支援」的にしかなっていない。それは、地域の福祉力アップを。もっともっと企画しなければならない僕たち相談支援事業所の責任でもあると思ってて。
平成ヘルパー力向上委員会なる研修でもやってみたいと。地域共生フォーラムでもやってみたいと。協議会で何とか企画したいと夢と妄想に明け暮れている現段階。
でも。
妄想や夢も。実現させれば妄想じゃなくなる。
協議会の活性化を維持して。全国にその名を轟かせる地域にしていきたい。形骸化がオチだと言われている協議会を使って。
協議会・・・結構頑張ってるつもりなんだけどな〜・・・。
Posted by こおめい at 2010年09月13日 19:15
飯島様>お待ちしております。!(^^)!

こおめい様>そうなんですよね。

僕自身は、「地域支援事業所を作ろう!」という
段階から。

「作った地域支援事業所の質を上げていこう!」
という段階に、地域福祉のムーブメントもギアチェ
ンジするべきだと。

そう考えると。

この行動援護環境研究会も。

僕としては、制度の見直し論もやりますが。

ヘルパー講座や何より、サービス提供責任者向け
研修などはやっていきたいですね。

後は、親御さん向け研修かな。

あ。加瀬進@学芸大は、学校教員講座をやりたい
とずっと言ってますね。

広がる夢に、事務局体制構築が追いつくのか。。。

そこが、勝負ですね。いつも。
Posted by とえだ at 2010年09月14日 12:30
とえだ様>
本当に。やりたいことに体制が追いつくかって所が難点でして。
残念ながら、相談支援はケースワークだけで崩壊状態。協議会を主体的に運営していくだけの元気と財源が今のところは厳しい状態でして。
ただ。
わが町は、見識のある町行政だというのが僕の心の拠り所。今の担当者のウチに、相談システムや地域の福祉力向上システムを作りたい。
福祉は人なのに人が集まらない現状を、
フォーラム→宣伝→同時開催就職フェア
なんかを企画して。
なんとか福祉に携わる人を集めたいものです。
まぁ、集まっただけじゃダメなんですけどね。でも集まってもらわないと選り好みもできない。
夢は広がるんですけどね・・・気力が持つかなw
Posted by こおめい at 2010年09月14日 12:59
とえだ様

行動援護研修会参加させて頂きました。地域福祉の先駆者・ 実践家・専門家、様々なご意見、ご提案を参考にして頭の中に浸透させて行きたいと想います。
長く続いた措置福祉終わり新しい枠組みや価値感、基軸を創り上げることの重みを改めて感じました。混沌とした中でも模索し少しずつ基軸を変えていく絶え間ない作業が必要だと
地域福祉の先駆者や専門家の方々が人材を育成することが将来の礎になるのだと思います。
自分が知らぬ間に偏屈な福祉観を周囲に伝えてないか?知らぬ間に頭の片隅で措置思考が作動してないか?自己点検してみます。
Posted by ナガノ at 2010年10月04日 23:42
ナガノ様>そうですね。

前向きに。動いてより良い方向に世の中が変わるといいですよね。
Posted by とえだ at 2010年10月27日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック