2011年03月23日

今日は、松島・石巻に行ってきましたの巻き

いよいよ被害甚大だと言われている被災地へ!

割れた道路、段差が出来た橋を通り。そろりそろりと行きました。

032201.jpg

東松島市野蒜(のびる)の海岸線。壊滅って、こういうことかって、感じ。

youtubeにも、のびるの様子が。 http://www.youtube.com/watch?v=T2fPS2MLbGo

032202.jpg

わかりますか?おしりを見せて、馬が死んでいるんです。競走馬か観光用か。

どこから流れてきたのか。人だけじゃなくて、いろんな生き物が被害に遭っています。

032209.jpg

石巻市です。船が街に刺さっている。どんな力が働いたら、こうなるんでしょう。

032205.jpg

石巻の施設に、おむつや食料品、カセットコンロやボンベを降ろしました。

軽油もドラム缶ひとつ。

032206.jpg

この施設には、かなり物資が集まってきていました。とにかく、ないのは燃料。

在宅の人には物資を届けるはおろか、状況確認が出来ていないとのことでした。

032207.jpg

同じ法人の他の施設にも行きました。ちょうど、自衛隊が物資を持って来ていました。

本当の被災地は、自衛隊が道路を開かないと入れなかったと思います。

入り口でプロでないとと言っていたことに納得。

しかし、物資を細かく必要な所に届けることは出来ていません。

太い血管と毛細血管。両方いると思いますが、太い血管だけになっている。

そんな印象の被災地です。

032203.jpg

石巻市役所の壁新聞です。役所も様々なニーズに必死に対応しながら。

避難所としても同時に機能していました。こういう時は、とにかく柔軟に頑張れ!です。


連日、車でひたすら移動、夜も睡眠不足で腰がかなりやばい。

明日は、気仙沼の水が欲しいと言っている施設に行けるか検討中です。

気仙沼、陸前高田、大槌辺りに支援が届ききっていない気がします。


本当の流された被災地の人は、疎開しかないと現地行って本当に思いました。

「仮設住宅必要なだけ作るのに1年かかると言われて始めている」と。

石巻で偶然すれ違った、日本財団の沢渡さんに教えてもらいました。


でも、その被災地でも、みんな、何とか留まろうとしています。

相当、カウンセリング的に説明できる人が説得しないと、疎開が必要な人も、

なかなか動かないだろうなと思いました。


愛知から全国から、いろいろ支援の話を頂いていますが、こなし切れていません。

ご迷惑をお掛けしている方もいるかも知れません。ご容赦を。

あ。義援金が集まり始めているとむそうスタッフから聞きました。

三菱東京UFJ銀行 半田支店 口座番号:0026931   普通

口座名義:特定非営利活動法人ふわり

ありがとうございます。引き続き、多くの支援が必要だと思います。よろしくご協力下さい。
posted by toeda at 01:05| 愛知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にお疲れさまです。
大変な状況ですね。改めて被害の凄さを認識しました。
でも、戸枝さんが行かれることで、きっと、皆さん多くの元気をもらっているのではないかと思います。
地域への愛着の強さ、一方で厳しい現実、寄り添い方が本当に難しいですね。私も、どうすればよいのだろうかと考えてしまいます。
まだまだ多くの支援が必要なんですね。私も応援させていただきますね。
それでは、くれぐれも体調管理に注意して下さいますように。
Posted by 稻川 武宣 at 2011年03月23日 01:15
稻川武宣様>どうですかねぇ。

あいつ、またパフォーマンスが過ぎるなと。

悪口言っている人もたくさんいるみたいですけど。

まあ。評論家よりは評論される側にいたいですが。
常に。

シビアな被災地は、当面疎開だと思うのですが。

火葬も出来ずに肉親が葬られた地を。

肉親が流されて眠っている海を。

被災者が離れるだろうか。

現地で、そう、強く感じました。


必ず、見捨てずに、住んでいた所に戻りたい!
という想いには、応える約束をした上で。

当面1年は、疎開なんですということでないと。

なかなか動けないと。

悲しみに満ちた東北にいると感じます。


また、その決断を悲しみに暮れ、被災後の避難
生活でクタクタの頭でするのはかなり難しいと。

たった3泊、まともな所で寝ていないだけで、
頭がぼ〜っとし始めた僕は実感しています。

そういうサポートが。物資の次の段階だと思います。
Posted by とえだ at 2011年03月24日 17:00
戸枝!
フライングだよ!!
早く行ったことじゃなくて、出かけけるなら先に連絡しろよ!!それがフライング!
義援金預けたのにさ!
早く出かけたことにいろいろ言う人もあっても気にしない!
その目に映る現実に向かってくれ!

本当なら、直ぐに手伝いに行きたいが、こちらの事務所は規模が小さすぎて空けることができない…
すまん

だから、義援金を振込んでおいた!
小額だが僕の一ヶ月の小遣いの全額だ(昼食代含む)!
明日から、昼食をどうしようか困っている!
でも、被災された方々からみればたいした問題ではない!
大切に使う必要はない。小額だから、さっさと使ってくれ!

被災された方々は苦しいけど、一歩一歩進み続けて欲しい。
決して一人では歩かせません。
遠くで、何も出来ないけど、いつも皆さんのことを祈りながら、一緒に歩くつもりです。

それどころか、被災後に精一杯生きている皆さんの姿に勇気をいただいている。
被災者に励まされてはいかん!!と思いながらも、被災者に励まされている…
だから、応援を続けます!!

戸枝!
怪我や病気に気をつけて!
現地で病んだらおかしいからね!
手伝えないから、君が知多に戻るまでは禁酒しとくよ!
被災地での活躍する日なんて来なくてよかったけど、今はその場所で活躍してくれ。頼む。

祈っている。





Posted by 山田隆司 at 2011年03月24日 17:23
山田隆司様>らしい応援メッセージ、胸に染みます。

ありがとうございます。

また、ゆっくり飲みたいですね。
Posted by とえだ at 2011年03月27日 15:30
お疲れ様です。お身体にはくれぐれも気をつけて。大事な活動を続けて行くためにも無理しすぎないようになさってくださいね。
イギリス在住。偶然フランスのGabriellaさんのブログを通して知りました。イギリスからもたくさんの人たちが祈ってます。どこに募金したら一番役に立つのか、と言ったところと信頼できる団体に、ということでイギリスの赤十字を通しての募金運動が大変盛んに行われています。でもこちらの活動のサポートになる募金運動が展開できないかな、とちょっと今思っているところです。
それが上手く行くかどうかはまだわからない。で本当に少しだけですが、私からの分、振り込みました。役に立つものが少しでも多く、それを必要としている方の所に届きますように。
イギリスから祈って応援しています。
Posted by やまわき at 2011年03月29日 07:30
やまわき様>ありがとうございます。

昨年10月、僕はパリに1週間ほど滞在しました。

深い歴史と街中から香る文化に圧倒されながら。

何故だか、日本のもみじの燃える山々の秋を想いました。

日本を客観視すると。

たまらなく愛おしくなりますよね。時に。

きっと。フランスでも、イギリスでも。

世界中で。日本にリアルタイムでいる人達と同じか。

また、異質の強い想いで。

この事態を応援し祈っている人達がいると思います。

その祈りは、きっと。

被災者を勇気づけ、僕達支援者を突き動かします。

ありがとうございます。
Posted by とえだ at 2011年03月30日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック