2005年03月01日

雪国エレクトリカルパレードの巻

雪国 008.jpg

飛行機に乗って、雪国に行って来ました。

何年か前は、スキー場に人工雪を撒くなんて騒ぎがあった位の暖冬でしたが、
今年の冬は、十何年振りと言う位の豪雪。どこのスキー場も、リフトが埋まらないかと
心配するほどだそうです。

そんな訳ですから、僕が行った街も、たくさんの雪が積もっていました。

最近、いろいろなところに呼んで頂くのですが、ゆっくり日程を取って、観光を楽しむ
なんて余裕はないため、ほとんど、どこの街も、空港や駅とホテルの周りしか知らないで、
帰ってくるばかり。

一昨日は、そんな旅ばかりでは寂しいと、地元の皆さんと交流会をした後、
いそいそとホテルを抜け出し、雪夜の散歩に出掛けました。

雪はかなりの大きな粒で、降り続いていました。でも、ぴんと張った空気が顔にあたり、
とても気持ち良く感じられます。

知多では滅多に見られない、真っ白な息を、はぁ〜、はぁ〜とワザと吐きながら、
ホテルの前の道路にある、スタッドレスタイヤで削られて、すっかり線が無くなっている
横断歩道を渡ろうとしました。
その時、何やら、キラキラ光るものが目に入ってきました。

何だろうと、道路の端にしゃがみ込んで、じっと見ると、それは、凍結防止のためだと
思うのですが、道路の真ん中から、噴水のように吹き出ている水でした。
噴出す水に、車のライトが当たると、あめ色に輝いて、きれいに見えるのでした。

「ほ〜!」っと、自然に出る白い息を吐いて、しばらく、そのまま、そこに座り込んで、
雪国のエレクトリカルパレードを見つめていました。


薄着で行ったためか、しばらく眺めていると、体が冷えて来ました。
遅い時間だったので、眠くもなってきました。
映画、「八甲田山」をふっと思い出して、自分で自分に、「ねちゃだめだぁ!しぬぞぉ!」
と突っ込み、雪に埋もれて遭難する自分を思い浮かべながら、ニヤニヤと立ち上がりました。

立ち上がり、ふっと目を上げると・・・。

濡れた道路に、車や信号の明かりが反射して、街全体が輝いていました。

コンビニでおでんを買って、ホテルに帰りました。
ふ〜、ふ〜と、それを食べながら、僕は、寒がりだけれど、たまに雪国にくるのも、
いいものだと思いました。
posted by toeda at 00:30| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戸枝さん、大変な思いをしていただきながらの雪国の旅、大変お疲れ様でした。
スタッフもみんな大喜びのフォーラムでした。
講演は大変な反響で、メールやら電話やらが沢山きました。
僕が、この活動を始めるきっかけになった人が、
苦手な飛行機に乗って、講演していただいて、そいでもって雪国を堪能(??)していただけというのは、嬉しいです。

僕たちも来年度、取り組むべき課題といいますか、
行くべき方向が、見えてきました。

まずは、ウチの作業療法士に「でっかいトサカ」を作ってもらうところから始めたいと思います。
副理事長の鳥嫌いの克服が、近々の課題です。

それでは。
Posted by かたぎり@りとるらいふ at 2005年03月01日 00:54
片桐さん、いろいろお世話になりました。
とりわけ、早朝に送迎頂いて、本当に申し訳
ありませんでした。

でっかいトサカ作って、養鶏することになりまし
たら、ぜひ、知多に見学に来て下さい。

副理事長どのを、鳥小屋に閉じ込めましょう。
Posted by とえだ at 2005年03月01日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック