2016年09月07日

岩手台風被害:田野畑村「ハックの家からSOSです!」の巻き

台風10号(8月30日)で大被害を受けた岩手県。

とりわけ、高齢者のグループホームで9人の利用者の方が亡くなるなど、
被害の大きい岩泉町。


20160906_04_2w400.jpg

東日本の震災時に、このブログでも義援金をお願いし、
支援をした田野畑村、ハックの家は、盛岡から山道を抜け、岩泉町を通り。
その隣にありました。

僕も、ハックの行き帰り、通りましたし。
ホテルが再開してからは、いつもお世話になっていた岩泉町。
山間の街なので、津波の被害には遭っていませんでいしたが。
この台風で、津波被害に遭ったかのようになっています。

被害は、沿岸部、田野畑村から久慈辺りにまで広がっているとのこと。
何だか、被害状況を現地の人に聞くのと、TVなどで流れる感じがだいぶ違う。
東京から離れると、人口が少ないと、扱いも小さくなるのか。
そんな気がしてしまう位、現地は大変なことになっています。

国も、自衛隊も、助成金団体も、支援団体も、熊本で手一杯で。
またかよって感じで、支援が後手ごてになっている感じも。

むそうから介護職、看護師などスタッフ数名がハックの家に支援に行きましたが、
口々に、ボランティアが足りない、被害がメディアで流れているより大変だと
報告して来ました。

現地の生の情報を。とにかくハックの家のホームページを。
ご一読下さい!


ハックの家HP http://hakkunoie.com/news/20160907/

***********************************

3・11で家が流され被災し、女手一つでようやく家を建てて2年目の方は、
また家が被災してしまいました。

「何で……笑うしかないよ」とつぶやき、
小さい体がますます小さく見えました。

ハックの家では、その方の家で生き残った熱帯魚を預かり、
家を直したら、熱帯魚返すからねと約束しました。

***********************************

たまりませんね。(;。;)

1.被災した家に、泥かきができる元気なボランティアを
2.物資が届かない場所へ、必要な物を届けたい

そのために、ハックでは、人とお金の支援を希望しています。

まだ、夏休みがある大学生とかいない?

泥かきをしないといけないお家がたくさんあります。

ハックの家にボランティアに来てくれませんか?


物は現地でも手に入るとのこと。

だとして、お金、義援金の支援が有効。

ハックのホームページに義援金の申込フォームと口座番号があります。

もし、心が動いた方は、ぜひぜひ、ハックの活動に心をお寄せ下さい。
よろしく願いします!

posted by toeda at 21:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441719701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック