2005年09月11日

投票に行きましたか?の巻き

こんなにまじめに選挙に参加したことは
               ありませんでした。


公示直前からいろいろな形で、自分の想いを共有できそうな政治家の方と、自分な
りのやり方でつながって、自分なりのやり方で想いを伝え、自分なりのやり方で応援
をしました。


選挙戦の最後は、九州に行っていました。とても思い入れのある政治家の方の選挙のボラン
ティアをしていました。

炎天下、自分なりに一生懸命お手伝いをしました。結果がどうなるのか。夜のテレビに釘付け
になりそうです。

ボランティア中、他のボランティアの人と休憩時間に中華料理屋に行きました。

とても暑かったので、冷えひえの杏仁豆腐を食べようということになり、一緒にいたボラン
ティアの人がよく行くという中華料理屋に行ったのです。

杏仁豆腐を注文して、僕がトイレに行って帰ってくると、その人は、一生懸命に、中華料理屋
のおばさんに、応援している政治家の説明をしていました。

「○○さんは、とても熱心な政治家で、とりわけ、光の当たらないところを一生懸命やる人
で・・・」その人は、とても熱っぽく、説明をしました。

中華料理屋のおばさんもすごい熱心に「うん、うん!」と頷いています。そうか、そんなに
立派な政治家だったのかという感じです。

休憩中にも、選挙運動をし、さらに一票を積み上げるなんて、なんてすごい人なんだと、
冷たい杏仁豆腐を口に入れながら、僕が感心して聞いていると、説明を聞き終わったおばさん
が、深く頷きながら、言いました。

「ワカタ!ワカタヨ。オウエンスルヨ!」

「ダメジャ〜ン!」

なぜか僕も外国人なまりになりながら、心の中で突っ込みました。
そうです。深く頷いていたおばさん。日本人ではなかったのです。

ダメじゃん。投票権がないんじゃないか?うっ。(-.-;

でもな。どんな人でも、その政治家のファンが増えると言うことはいいことだ。
そのおばさんが、来る客、来る客に宣伝してくれるかも知れないしなぁ。

そんなことをしていて、ちょっと疲れ気味です。
これで、少し休めるのかな。   !cid_A0001.gif
posted by toeda at 14:03| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
私は今回の選挙には、何ともいえない危機感を感じています。
所謂“劇場型”選挙とやらで、「刺客」「造反」とかの言葉に踊らされて、相変わらず政治が興味本位に取り扱われて心配です。ますます弱者は埋没していくことにならないか…。
私は無党派ですが、自分のまわりでこれからの将来どんなことがおこるのか、国民の代表たる彼ら国会議員に未来を委ねられるのか、考えに考えた末、1票を投じてきました。
開票結果はどうあれ、社会に目をむけ、勇気を持って意見を言いつづける努力をしていこうと思います。
これからもご指導ご助言ください。
Posted by NPO法人おむすび at 2005年09月11日 16:44
今日も一日お疲れさまです。
日本の社会はこれからどんな方向に進むのか、不安な気持ちで投票してきました。
前回、「疲れが頂点に達しています」とありました。最近、教会関係の知人に、疲れをとるための癒しのお祈り?をしてもらいました。神様のことはわからないけど、その人が自分のためにしてくれたことが嬉しくて、気分的に良くなった気がしました。「病は気から」と言いますが、私の場合、本当に気持ちひとつで違います。戸枝氏の疲れも少しでも早くとれるといいですね。



Posted by のりまき at 2005年09月11日 21:55
選挙終わりましたね。
素直な感想です。なぜまともなことをいうところが嫌われるのか。結局長いもの・強いものにまかれろって感じがする。そうは思いませんか。NPO法人の精神と同じ精神は、二大政党以外のところにこそあり、大企業や大型開発よりも足元の暮らしを見つめるところの論点を主張しているにもかかわらずかみあわない。おかしいよね。もっと語られてよいところなのに、結局は踏みつぶされる。
戦争に反対した人たちは「非国民」といわれたあの時代のようにも写るのは私だけだろうか。障害を持つ子どもたちや人たちのためといいつつも、結局パート労働者や学生アルバイトやそんな弱いものにしわ寄せが行くようなやり方でしか成り立たない運営の現実に、誰がその人たちの声を代弁するのだろう。
Posted by kaz at 2005年09月11日 23:33
憲法改正が与党単独でできる。

小選挙区制の意味、恐ろしさを痛感した選挙でしたね。

与党の皆さんには、「明日は我が身」数におごれ
ば、次の選挙では自分達も大敗する可能性がある
ということを自覚して民意を大切にしながら、
活動してもらいたいと思います。

Posted by とえだ at 2005年09月18日 13:47
憲法改正が与党単独でできる。

小選挙区制の意味、恐ろしさを痛感した選挙でしたね。

与党の皆さんには、「明日は我が身」数におごれ
ば、次の選挙では自分達も大敗する可能性がある
ということを自覚して民意を大切にしながら、
活動してもらいたいと思います。

Posted by とえだ at 2005年09月18日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック