2007年01月18日

Blog復旧記念!の巻き

このBlogの表示が2週間もおかしくなって・・・

相当悪戦苦闘したのだけれど。原因がわからず。(T。T)

ついに原因を突き止め、本日復旧しました。

いやぁ。参った。本当に。PC関係の不調って原因がわからないとえらい時間
だけ取られてしまいますよね。なかなか直す時間がなくって。

楽しみにして頂いている方には、大変ご迷惑をお掛けしました。

お詫びもかねて。

とえだひろもとホームページ完成。

っていっても。全然情報量ないですけれど。
今後、いろいろなところに書いた文章なども整理してアップしていこうかなぁ
と思っています。

順次、更新しますので。このBlogをブックマークして頂いている方は、HPから
入るように、ブックマークをし直して頂けるとうれしいです。

とえだひろもとHP http://www.toeda.org
posted by toeda at 18:38| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

ぐうたら正月の巻き

謹賀新年!

い、1日遅れてるわなぁ・・・

今年は。いや、今年も。正月に休めるからと年末ハードスケジュールを押せ
押せモードでこなして倒れ込むように休みに。

ダラダラモードで。正月から健康風呂でマッサージと岩盤浴の最強コンビで癒され。

今になって、やっと正月の挨拶書き込みです。

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年に引き続き、私を可愛がって頂ける皆さんには、今年も懲りずにお付き合
いのほどをお願い申し上げます。

僕のことを嫌いな方は、どうぞ、嫌いなら、悪口を言わずに無視して下さい。
よろしくお願い申し上げます。

悪口といえば。この2ヶ月ほど。評判の悪い?自立支援法の修正でいろいろ
と動いていたのですが、まあ、かなり必要な修正はされたのではないかとい
う感じですね。

12月26日主管課長会議資料

もう少し。大事な修正がありますが、それも何とかなりそうで。
やっと、自立支援法に前向きな議論や動きができそうな気がします。

自立支援法は、財源の弱さが問題で、仕組みは悪くないとずっと言い続けて
きました。

財源の弱さは、自立支援法を作る前提条件の時の財源では、ああするしか仕方
なかったと思います。当時の障害福祉部のメンバーの責任とは言い切れない。

そういう意味では。今回、いろいろな声をきちんと受け止めて何とかしようと
本当に夜も寝ずに動いた厚生労働省の皆さんと心ある政治家の皆さんに感謝
かんしゃです。

いよいよ、財源も充分ではなくても、地域で何とかがんばれるようになりそう
なので。言い訳できなくなりましたから。しっかり実践したいと思います。

その地域実践は。来年の新規事業の目玉と思っていた古民家再生事業が壁に
ぶつかり。なかなか厳しい状態ですが。この休みにいろんな角度から可能性
を探ってみています。

一緒に地域で戦うむそうスタッフ達は、今年の忘年会も、明るく元気で何より。

??〓-0038.jpg

「たらこ〜♪たぁらこぉ〜♪」と新しい作業班:きのこ隊長浅井様のきのこです。

新年度は、自立支援法の成立したので、むそうも方向性をどっしりと定め、
スタッフをビシビシ鍛えようと思っています。

僕を含め、まだまだ未熟ですので。

多くの皆さんのご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。

posted by toeda at 22:36| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

貧乏は悲しいなの巻き

めぇり〜くりすますぅ!

なんて雰囲気は、今日の僕には一切なし・・・(-_-)

アメニティ・ネットワーク・フォーラムで発表するはずの自立支援法を活用
した地域生活支援事業所のビジネスモデル研究の原稿があがらず。

夕べも午前様。今日も朝からしこしこと頑張っております。

ここのところ忙しすぎて、焦っていたけれど、まったく原稿が書けませんで
した。ううっ。

今日が本当にタイムリミットだな。本当に。ううっ。

クリスマスに辛いといえば。

毎年クリスマスになると思い出すのは、太田カトリック愛児園に通園してい
たイタイケな僕だった頃。

教会の幼稚園なので、聖劇というキリスト生誕の劇をすることになり。

僕は羊飼い。大張きりで練習をし、いよいよ本番が迫ったある日。
当日の衣装は、それぞれ自前で用意するようにとの先生からのお達し。

羊飼い一派のお友達が先生に聞いた。「羊飼いの洋服ってどんなん?」

先生が満面に微笑をたたえて答えた。

「羊飼いはみんな貧しい人達でしょう?洋服もきっとボロボロだったと思い
ますよねぇ」そして、こういった。

「毎日ひろもと君が着てくるような洋服がいいと思いますよ」

みんなが一斉にひろもと君を見る。一同納得。満面の笑み。

何かを先生から教わったときには、みんなで何故か手を挙げて「は〜い!」

僕だけ怒りでワナワナ。

そりゃあ。うちは貧乏だから、靴下もズボンもアップリケだらけのつぎはぎ
だわさ。にしたってよ!そんなわかりやすくデリカシーのない例えはないだ
ろうよ!

先生のお腹に、思いっきりタックルをかまし、「うげっ!」と言ってうずく
まる先生を置いて、園を脱走!

僕の反骨心は、あの頃からだわなぁ。

いじめの問題がいろいろ言われていますが、絶対いじめの構造を作り出して
いるのは、オトナに違いない。

子どもは、何でもオトナをまねしているだけだから。

そんなことを思いながら。冷めた目でクリスマスの街を眺めるイブです。
posted by toeda at 14:17| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

うつか追い込まれているかのどちらかの巻き

休み過ぎでしょう?

確かに。このBlog。打ち捨てられたのかという位に。

何日更新していないんだぁ?更新しない期間新記録達成だね。こりゃ。

自分で自分を考察するに・・・

Blogを更新しないときは。

うつっぽい時か。原稿仕事に追い込まれているときか。どちらかな気がする。

うつのときは当たり前に更新しないとして。

原稿仕事が上がっていないと、その原稿を待っている人がこのBlogを見て、
「Blogなんて打ってやがるなら、ワシの原稿打たんかぁ〜!」と怒りに
震えているのではないかという不安神経症がやってくるのです。

おお〜恐いぃ〜。

今回の更新停止は、その両方の症状が絶妙にマッチして、大変な状況にな
っているために起こりましたね。間違いなく。

一昨日。久々に高熱出して倒れたしね。

新幹線が貸し切り状態だった。

sinnkannsenn.jpg

そんなささやかな幸せにすがりながら。
元気を再生産している僕ってえらい。って誰か言って。

と。更新をさぼった言い訳をするのでした。


posted by toeda at 00:12| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

息も絶え絶えに・・・の巻き

台風に巻き込まれるところだったぁ。

この週末は、群馬で国立のぞみの園のセミナーをして、佐賀フォーラムへ。

帰り。長崎のおじさんが亡くなったので、寄りたかったのですが、
無情にも台風で電車がまったく不通。

とてもお世話になった人なので、どうしても長崎に行きたかったのですが、
断念しました。

唐津から車で送って頂き、福岡空港から飛行機に飛び乗りました。
僕が乗った飛行機から5分後はもう欠航。本当に間一髪でした。

ウッドペッカー飛行機.jpg

大好きなウッドペッカーの飛行機が福岡空港に止まっていました。

今日。佐賀フォーラムを主催した方から連絡があり、その方の家も瓦が10枚
位飛んでしまったとのこと。本当に強い台風だったようです。

地域生活支援事業は、かなり面白くなりそう。

群馬は、愛知県半田市、高浜市、滋賀県湖南市、埼玉県東松山市という
福祉先進自治体と呼ばれる自治体の福祉関係の職員の皆さんから自立支援法
の対応を話して頂き。

佐賀は、佐賀県内7つの自治体の市長さんにやはり自立支援法への対応を
話して頂き。

僕は両方とも、コーディネーターを務めさせて頂きました。

どの自治体も、さすがだなと思ったのは、自立支援法の要が相談支援体制と
地域自立支援協議会にあるということをきちんと見抜いていること。

佐賀県小城市などは、3障害対応の障害者の総合相談支援センターをこの
10月から始めるとのこと。

群馬の参加自治体、佐賀の参加自治体の中で、すでに実施している東松山、
高浜を始め、半田市、唐津市などが3障害の相談支援体制の一本化のみなら
ず、介護保険の包括型支援センターと障害の支援センターの一本化もすで
に構想している様子でした。

地域の中の生活は、家族での暮らしが、今はまだ、多数派です。

そうなると、もちろん、その構成員個々人の個別支援計画を作るのは大前提
ですが、それを付き合わせて、その家族の相関関係などの中から、家族支援
計画も作らなければならなくなります。

その際に、できれば、同じ場所に、それぞれの専門家がいた方が、手続きも
スムーズに行くのではないか。それが、まさに総合相談体制を作ろうとして
いる自治体の考えていることです。

学校の特別支援教育コーディネーター、就労・生活支援センター、発達障害
支援センター、子育て支援センターなど、行政の縦割りの弊害で、バラバラ
に「支援センター」と呼ばれるものが次々にできていますが、僕は、あまり
よろしい状態だと思っていません。

とりわけ、小さな街では、これらを合体させて、スケールを作らないと、
ひとりの職員の専門性の高さ如何で、その街の相談支援の質が決まってしま
います。

佐賀などは、さらに、市町村合併もあり、どの自治体がどのように広域連合
などを使って相談支援体制を作るのかという課題もあるようでした。

これも、愛知などはまったく県が主導権を握って、障害保健福祉圏域毎での
自治体の協働を誘導できなかったのとは対照的に、佐賀は、なんだかんだと
言っても、県が先にイメージを市町村に提示しているので、上手に協働が
できているように思いました。

これからは、地方自治体のクリエイティブ力(創造力)が問われます。

国は何も指示をしてくれないどころか、場合によっては、その地域の実情に
はまったくそぐわない方向性を示して来るかもしれません。

それに対応して、自分の地域の自治をきちんと創造できる行政マンが必要です。

クリエイティブ行政マンがいるか。それを育て、サポートする市民がいるか。

地域生活支援事業がどうなるのかは、まったく、それ次第ですよね。
それぞれの街の方向性が出揃う10月1日が楽しみですね。

佐賀は、やはり、古川知事がすごい福祉に力を入れているのも大きいです
よね。リーダーの資質がこれからの地方分権の時代には、大切だと痛感し
ます。

ご多忙でしょうに、佐賀のフォーラムには、古川知事は、出演はもちろん、
交流会にまで、必ず、参加されます。

若いし、頭がいいし、人当たりがいいし、謙虚だし・・・
いろいろな知事さんにお会いしましたが、僕は、古川さんのオーラは、
お会いした知事さんの中でも1,2を争うすばらしいものに感じます。

ああうらやましい。

愛知にも、誰か、いい人いないでしょうかね。絶対いると思うのですが。
大愛知ですからね。

福岡空港まで、厚生労働省の藤木企画課長と伊原(前)企画官と
ご一緒しました。


お二人に、「なんか、佐賀の市長さん達、きちんと相談支援体制作って
いてすごいですよね。自立支援法がなかったら、なんだかんだと言って
も、相談支援体制ができないまま過ぎた自治体が多いと思うと、えらい
批判されながらも頑張った甲斐があるというか、感慨深いでしょう」
と投げてみると、

「介護保険でもできなかった、施設制度を含めた根っこからの仕組みを
組み替えたのが自立支援法だとすると、今ある不安と混乱は、国の説明
不足も含めて申し訳ないと思うけれど、必ず、障害のある方の住みやす
い地域作りに繋がっていくと思う」

「その確信を、佐賀の人達から強めてもらえたようで、うれしいよね」

とおっしゃっていました。

さらに、台風に絡めて。

「新潟の地震の時、小千谷市などに阪神淡路の震災でお世話になったからと
言って、兵庫の人達がたくさん救援に行ったんだって。

 その人達が、口々に行っていたのは、阪神淡路と比べて、新潟の震災で
は、高齢者の生存確認がとてもスムーズに行ったってこと。
 介護保険制度ができて、ケアマネージャーの仕組みがでて、地域で暮ら
しているどの高齢者にもケアマネージャーという常にその方の生活を気に
している人ができたことが原因だって。

 阪神淡路の時には、介護保険制度がなかったから。地域で孤立していた人
の生存確認ができなかった訳。

 今回の新潟の震災でも、地域で暮らしている障害のある方の生存確認は、
依然として大変だったらしい。そういった現状を、自立支援法の相談支援体
制が整い、常に障害のある方の生活を気にかけている住人をケアマネージャ
ーとうい形できちんと作ることで変えていきたいよね。

 障害のある方がいることが、きちんと位置づけられている街作りをこの
法律でして欲しいよね。」

 台風や震災などで被害を受けた時、本当に大変なことになったときに、
その地域の福祉力が真にためされるということを頭の中でぐるぐる考えなが
ら、車の窓の外の福岡の街を眺めていました。

 自立支援法が好きだと、僕は一貫して言ってきました。

 厚生労働省の人達や、仕組み作りに関わった人達の想いをきちんと受け止
めて動き出している地域がたくさん出てきているという事実が実感され始め
て、ひどい迫害にも似た扱いに精神的に耐え抜いたこの2年を前向きに考え
られるようになってきました。

 一方で。この機会に障害保健福祉予算を減らそうと思っている自治体も実
はたくさんあるのです。

 自立支援法は。自分にとって、良い法律なのか、悪い法律なのか。

それは、自分の動き次第なのだと思います。良い法律にも悪い法律にも、
することができる法律です。
 











posted by toeda at 14:32| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

誰もいない事務室にひとり・・・の巻き

お盆休みって何ですかぁ?

いつになったら、安楽な気持ちで休めるのか。(-_-)

いつものように、原稿の入稿が僕が最後になってしまった「手をつなぐ」の
原稿を必死にやっているのですが。終わりません。

ちゃんとやろうとすると、結構時間かかる。

文章を書くだけなら簡単だけれど。
ビジュアルにしないと、誰もわかりませんからね。
難解な自立支援法は。は〜。

いい法律なんだけれど、難解すぎるのと、その結果、先行きのイメージが
つかみにくいのとで、不当に評価が低い感じになっています。
かわいそうな、自立支援法ちゃん。(T_T)

パワーポイントで、かなり大変な図を作ってしまった。
まあ。今後の講演で使えるからいいか。

育成会の理事は、こんなに大変な思いをして、ボランティアですからね。
原稿料は確かに出るけれど。まったく割に合わないし。
育成会のよくわからない方向性に僕まで一蓮托生で同意していると思われるし。

早期理事引退を実現しなければ!

原稿うつ病に犯されていますので。ううっ。
もう、身体と精神がもたないですわ。本当に。

世のため人のためもいいですけれど。自分を大事にした上でですからね。
posted by toeda at 22:02| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

道理でいつも生焼けな感じだったの巻き

知らなかったのは、僕だけでしょうか・・・

先日、韓国料理屋で石焼きビビンバを食べた時のこと。

辛いもの好きの僕は、よく韓国料理を食べるのですが。

石焼きビビンバを頼んだら、持ってきたお姉ちゃんが、
「やりますか?」と僕に聞いてくる。

「ああ。これをかき回すのか?」と思った僕が、「ん、んん」と曖昧な返事
をすると、お姉ちゃんがニッコリと笑って、ご飯と具を混ぜ始めた。

やってくれるんなら、やってもらおうと、僕が静観していると、しばらく
かき回したお姉ちゃんが、ビビンバを↓の写真のように、ごはんをすり鉢状
にして、「しばらくこのままでお待ち下さい」と言って立ち去った。

びびんば2.jpg

「そうだったのかぁ。しばらくこうして待つんだ」僕はうなだれた。

僕は、今まで、石焼きビビンバを食べるときは、しばらくジュ〜ジュ〜と
かき回してはいたけれど、その後は、張り切って食べてしまっていた。

だから、何となく、野菜とかが生煮えな感じだったのね。(x。x)゚゚゚

どうして今まで誰も教えてくれなかっただろう・・・

そんな失敗をいろいろ他にもしているのかなぁ。
心配で夜も眠れない・・・





posted by toeda at 13:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ちっとは、まともに生きないとか・・・の巻き

一生、お仕えさせていただきますっ!

そんな言葉が頭に浮かび・・・

昨日、10時05分。子どもが生まれました。

僕は昔から桜が大好きで。もちろん花の季節も好きですが、葉桜が大好きで。

7月に生まれたので。風にそよぐ葉桜のように、涼やかで生命力溢れる女性
に育って欲しいということで。

風桜(かお)と名付けようと思います。





posted by toeda at 13:12| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

かっ、可愛いのか?の巻き

生まれた頃からやぶにらみでぇ〜♪

ぼっ、僕です。たぶん推定年齢1歳。(-_-;)

この間、掃除をしていたら、出てきました・・・

何が気に入らないんだろう・・・赤ちゃんのくせに怒ってる・・・

戸枝あかんぼ.jpg

やばいっす。やばすぎまっす。こわいっす。こわすぎまっす。

このやぶにらみが・・・高校生の頃にはすっかり箔がついて・・・

そういえば。高校生の頃。駅のホームで立っていただけなのに、向かいの
ホームの恐いヤンキー高校生が「ガンつけやがって〜!」と言って、
反対側のホームまで走ってきて、絡まれたことがあったな。

あの時は、なんて理不尽な言いがかりかと思ったけれど。
この目じゃ仕方ないな。

ああ。二重にプチ整形しようかしらん。

posted by toeda at 23:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

大スクープなんじゃないか?の巻き

「ごんぎつね」を撮影しちゃった!

今日の仕事帰り。きつねを半田市内で撮影しちゃいました!

いつぞや。中日新聞に知多半島でいなくなったはずのきつねの目撃情報が
相次いでいると書いてあったが。今日の仕事帰りにきつねを発見!

車を止めたら、近寄ってきたので、大興奮で撮影!

なぜか、ズームができず、これが精一杯だったのだけれど。

kitune2.jpg

パソコンで画像をいじってみると・・・

kitune3.jpg

相当、はっきりきつねだとわかりませんかね?

うーん。中日新聞に売るか?この画像。どなたか、新聞屋に通報して下さい。(^_-)

太いしっぽの方が写っていると、犬じゃないともっとはっきり証明できるの
だけれど。

とにかく。個人的には大興奮&大満足のきつねとの遭遇でした。
いや〜!また会えないかなぁ。
posted by toeda at 00:23| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

今から怒濤の原稿仕事!の巻き

VAIOちゃんがなおった〜! ♪ヘ(^o^)/♪

ううっ(T_T) 本当に待ち望んだ復活!

パソコンが壊れてからというもの、Blogの更新はもちろん、講演でも困り、
原稿仕事もできず、メールも返信できなくて、スタッフと会議やっていて
も資料が見せられず、電車の中でゲームもDVDもできない etc etc。

それ以前に、僕はなぜか、パソコンを持っていないと不安定になるため、
この2週間ばかり、たいそう不安定な気持ちで過ごしておりました。

う〜ん。こういう人をパソコン依存症というのだな。

今回の故障箇所はカードコネクタ。何が困ったって、エアーエッジを認識し
なくなったので、モバイル状態でネットができなくなったこと。

僕は、事務所にじっとしていることはほどんどなくて、電車の中とか、
ごはんを食べているお店とか、そういうところでパソコン出して、仕事を
することがほとんどなので、エッジが不通になると、まったく社会参加で
きない感じになります。

ああ。つらい日々だった。

修理に出したら、パームレストも割れていたとのこと。気付かなかった・・・

日本中を旅するハードな使われ方をしているパソコンですから、故障も仕方
ないか・・・セカンドパソコンを持った方がいいかな。こういうこともあるし。

きれいになおった、VAIOちゃんです。

paso.jpg

VGN−TX90PS プレミアムブルー 

このパソコンで可能な最高のチューンをしています。かっこいい!うっと
り。とにかく、パソコンは一番大切な生活必需品なのです。はい。

さあ!今日は溜まりにたまった原稿仕事をしますよぉ!間違いなく。
編集者の皆様。今しばらくの辛抱です!うっ。


posted by toeda at 11:35| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

Blogの更新をサボっているわけじゃないの巻

パソコンが壊れました!

うひ〜!恐ろしいほど、Blogの更新ができませんでした。

明後日、パソコンがなおるらしい。

復旧まで、しばしお待ちを。
posted by toeda at 01:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

誰が・・・の巻き

もうじき50000ヒッツ!

このBlogの上の音符カウンターがです!

実数ベースで、一日200人位の方が見に来て下さいます。ありがたやアリガタヤ。

たくさんの人が見に来る位、僕の日常って変なのかな?うっ。

誰が50000ヒッツでしょう?
posted by toeda at 01:08| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

最悪の週末でした・・・の巻き

占いって、結構怖いかも・・・

基本的にあまり気にしないのですが。一昨日の夕刊フジの占いはすごかった。

一昨日。13日に週末の鳥取であるフォーラムに参加するために中部国際空港に。
18時10分のフライト時間の30分前に到着。順調順調と思ったら・・・

18時10分は、出発の時間じゃなくて、米子着の時間だった。v(^^)V

最悪。(-o-;) どうしてそんな勘違いをしたのだろう・・・

急いで空港に併設の名鉄電車にダッシュ!延々6時間近く電車に揺られました。
名鉄で名古屋へ出て、新幹線で岡山に、そして特急出雲。
米子に11時24分到着。うっ。疲れた。

電車に飛び乗る前に買った夕刊フジ「週末占い」に、今年前半最悪の週末
がやってくると書いてありました。ううっ。恐ろしい。

日本福祉大の平野先生に「戸枝鈍ったか思うくらい、切れがなかった」と残念がられるほど
めちゃめちゃ低いテンションながらも、何とか依頼された話しはできたのですが・・・

今日、朝の8時10分に電話が鳴って。寝ぼけながら電話に出ると、なんと機器の故障で、
予約してある帰りの飛行機が飛ばないとの連絡。(T。T)

頭がまったく動いていない僕は「ああ、そう」と一言。
電話を切って、ベットに一度正座したのに、なぜか布団に戻り、寝なおしかけて・・・

飛行機飛行機飛行機「ん?飛ばない?」飛行機飛行機飛行機

ガバっと飛び起きて、しゃれにならんと大急ぎで服を着て、一目散に米子駅にダッシュ!
今日は昼過ぎには知多に戻らなければならなかったのです。

走りながら、夕刊フジの「週末占い」が頭の中をグルグルぐるぐる。
今年前半最悪の週末・今年前半最悪の週末・今年前半最悪の週末・・・


結局。出番2時間、電車で往復12時間の鳥取の旅でした。
いや〜疲れた。鳥取の皆様、出演者の皆様、ご挨拶もなしに戸枝が突如ホテルから消えたのは、このような理由だったのです。お許し下さいね。

鳥取は、岡崎に続いて鬼門か?考えると行くたびに何かしらひどいことなるなぁ。
近寄らない方がいいだろうか。今度、その手の占い本も読んでみよう。









posted by toeda at 21:28| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ずっと心に引っかかっていたのよの巻き

やった〜!書き終えた!( ̄^ ̄) エッヘン!

長野フォーラムでの講演を元ネタに、整理して本を出すことになりました。

テープ起こしをしてもらえるのだから、楽勝らくしょうと思っていたら大間違い。
口語体ですから、文章にすると、まったく意味不明で。

必要な書き足しをしたりしていたら、えらい大変なことになりました。

今日は死ぬ気で頑張りました。むそうの会議の日だったので、会議をはさんで格闘14時間!
とりあえず、全部直し終え、原稿を送りました。

これで、2月のアメニティフォーラムに間に合うだろうか。

いつも講演で使っているDVDをつけて、1000円位で販売するらしい。
3000部刷っちゃうとか言ってたな。うっ。頑張って行商しないとですね。

とりあえず。ひとつ気が楽になりました。
明日は、これまた死ぬ気で、手をつなぐの原稿を打とう。

あ。ぶどう社の本作りも頑張らなければ。講演録とはいえ、ぶどう社を差し置いて、
本を出すなんて。このままでは、先に声を掛けて下さったぶどう社に不義理になる。

うっ。ううっ。
posted by toeda at 02:30| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

行政と福祉団体のパートナーシップの見本だなの巻き

福祉のイーハトーブ(理想郷)を目指す!

そんな雰囲気あふれる岩手フォーラムに、この土日は参加して来ました。

セントレアからいわて花巻空港まで1時間のフライト・飛行機の旅。
あんなに嫌がっていた飛行機も、すっかり慣れた僕です。くすん。

飛行機から見る東北の山々はすっかり雪景色。

その空の下に生活する皆さんは、寒さにも過疎にも負けぬ立派な精神を持ち、欲はなく、
決して怒らず、いつも静かに笑っている、まさに宮沢賢治の世界の住人でした。
のんびり過ぎる感じが、今後の制度改正について来られるのかと不安でもありますが・・・

で。フォーラムの内容もいろいろ勉強することがあったのですが、僕が一番感銘を受けたのは。

この2枚の写真を見て下さい!

岩手2.jpg

何だと思います?これ、岩手県庁の地下にある食堂のカウンターなんです。

なんと、フォーラムの交流会が、県庁の食堂を借り切って行われたのです。

iwate.jpg

増田知事が偉いのか・・・部長さんも課長さんもやる気満々のいい人だったし・・・

いや、やはり、こういうことを許してもらえる信頼関係を地道に築いてきた岩手の福祉人や
当事者の皆さん達が偉いのでしょうね・・・うーん。

愛知県ではあり得ない光景だ。食堂の職員さん達が食事も作って下さったのですよ!
わざわざ休日に。開かれた行政の究極。行政と福祉団体のパートナーシップの究極。
そんな気がするのです。この光景。うっとり。

おいしい食事に舌鼓を打ちながら、明日の岩手の福祉を関係者皆で真剣に議論する。

やっぱり、これからは、対立構図ではなく、行政・市民・政治がまさにきちんとした議論を
積み重ねて生活をどう良くするのか、知恵を出し合う時代なのでしょう。

「共感」がテーマだといつも思うのです。相手の立場を尊重し、場合によっては譲るべきもの
は譲りながらも、より良い結論を導き出そうという真摯な姿勢で向き合うということが大切
なのだと思います。それをこのように積み重ねた、岩手の皆さんはすごい!

って。他県をうらやましがっていてもダメだわね。自分の地元の県や市町村にも、きっと
心ある行政マンがいっぱいいるはず。負けずに協働の輪を作らなきゃ。




posted by toeda at 23:04| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

戸枝家の庭で惨劇!の巻き

すっかり秋も深まりましたね。

戸枝家の周りの木々も色づき始め、朝の冷え込みには冬を感じるほどです。

そんな秋のある日。戸枝家の庭木をふっと見ると、一匹のカマキリがいました。

かまきりオス.jpg

春に小さなちいさなカマキリとして生まれ、厳しい暑さの夏を乗り越え、すっかり成長して
秋を迎えたカマキリ。お腹が短く膨らんでいますから、オスですね(さすがムシキング!)。

木の枝をノコノコと登って行くと・・・ ひとまわり大きなメスと会いました!
木の枝をはさんでらんでぶ〜。黒ハート 素敵な光景だわと思わずシャッター。

近寄ょ・・.jpg

そのまま、車で出掛けて、しばらくして戻ってくると・・・

そこには大惨劇が待っていた!がびょ〜ん!

食われょ・・.jpg

く、食われているぅ!オスが食われているぅ。

そうだった。交尾が終わった後、メスは栄養をつけるためにオスを食うのだった。
恐ろしや、カマキリメス。ああ。痛ましや、カマキリオス。南無。

考えてみると、人間も、男って、女・子どものために命を削って生きるという意味ではカマ
キリと一緒かもしれないなとひとりおセンチに。

しばらくすると、小さなカマキリのたまごが木に産みつけてありました。
メスも、たまごを産んで落命したのでしょう。女の人もカマキリと一緒ですよね。
命を削って、新たな命を慈しむ。南無。

両親が死んで、遅いのですが両親の愛情の有難さや、命があることの有難さを実感している
ので、とてもカマキリがいとおしく思われました。

かまきり卵.jpg

無事に来春、ちびカマキリがたくさん生まれるかなぁ。

来春は、僕にとっていろいろな意味で大変な春になると思いますが、ひとつ楽しみができました。
posted by toeda at 22:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

本日はお日柄も良く・・・の巻き

一昨日戸枝家7兄弟・6番目の結婚式でした!

勉強熱心のあまり大学に7年間通い、なぜか学費を出さなければならなかった僕を
恐怖のどん底に陥れた弟が、今や仕事もきちんとやり、嫁さんまでもらいました。


死んだ父に代わって、号泣でございます。

お嫁さんも、そのご家族の方も本当に良い方で。
とっても心のこもった、感動的な結婚式になりました。幸せなふたりを見てやって下さい。

画像 001.jpg

いやぁ。少なくとも、結婚式のときは、どんな夫婦でも「らぶらぶ」ですからね。
微笑ましいですね。はい。ハートたち(複数ハート)

結婚式は、名古屋の布池教会で。その後の披露宴は、金山のホテルで行いました。
戸枝家孫達軍団が、今回は名古屋に結集。彼らのツワモノ振りは相変わらずでした。

披露宴会場で、なぜか、「おすし屋さん」ブロックで店開きをする兄弟がいるわ・・・

画像 002.jpg

笑(にこ)ちゃん、せっかく素敵なドレス着せてもらったのに。(T。T)

披露宴会場で、ベッドまで用意してもらい、熟睡するおぼっちゃままで・・・

画像 003.jpg

祈陽(きはる)くん、最近の披露宴会場のサービスはすごいね。よかったね。ううっ。

ま。何はともあれ。また、戸枝家に新たな一員が無事に加わった訳で。
これからますます、戸枝家の絆が大きく深くなることを楽しみにしています。

それにしても。結婚式後の戸枝家ご一行様接待名古屋観光は疲れた。
あの人達の帰りの新幹線車両に乗り合わせた人達は、相当不幸だわ。きっと。(^^;





posted by toeda at 23:29| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

インターネット中継を見て下さい!の巻き

行動援護に関する質問が国会で!

明日10:35から厚生労働委員会で行動援護が取り上げられます。

福岡資麿(ふくおかたかまろ)さんという自民党の議員が質問をして下さいます。

判定基準が厳しいために、福岡さんの選出されている佐賀では、ひとりも行動援護の対象者が
いないとのこと。対象拡大のため判定の見直しがいるのではないかと質問頂けるようです。

佐賀の障害関係者が選挙のときから、福岡さんにお願いをして、今回の質問となりました。
佐賀の皆さんは、熱い!

衆議院インターネット中継はこちら http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

本日の審議というところがありますので、そこの厚生労働委員会を見て下さい。

そして、感想などありがとうメールを福岡さんに送って頂けると有難いです。
私たちのために頑張って下さった議員は、みんなでお礼を言って、今後も力になって頂ける
ようにお願いしましょう。

福岡資麿ホームページ http://www.takamaro.jp/top_new.html

本来なら、全国地域生活支援ネットワークのBlogに載せるはずなのですが、ちょっと調子が
悪く、僕の個人Blogにアップです。うっ。

いろいろな方に、周知頂けると幸いです。
posted by toeda at 21:46| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

本当に明日10時に着けるのか?の巻き

凱旋帰群!

明日、故郷の群馬県でフォーラムがあり、そこで講演をします。

父の車に少ない荷物を詰めて愛知に送ってもらってから早19年。
講演に呼んでもらって群馬に帰るなんて、立派な子になったもんだよ。僕は。
昨年死んだ母ちゃんを呼んでやりたかったねぇなんて思いましたが・・・

実際は、母が会場にいたら、きっと脂汗だくだくでしょう。千人の参加者がいるより緊張する
と思いますわ。

母には迷惑に迷惑を重ねて、叱られにしかられて育ったので、とにかく頭が上がらないし、
何より怖い。

そんな訳で。少しの寂しさを感じながら、母が来ないことをちょっとほっとしています。
母は来ませんが。群馬は僕が育った土地。そして、なぜか、地域福祉後進県。(−。−;
微力ながら、地域福祉が進むように、明日は頑張ります。

僕の出番は、浅野史郎宮城県知事の露払い、10時からでございます。
場所は前橋市総合福祉会館です。

今日は、社会福祉法人むそうのヘルパー勉強会。それを夜の9時までやってから、中央道
を群馬に向けて走ることになります。

本当に、明日10時までに群馬に着くのだろうか?どこかのサービスエリアで、寝てしま
ったら・・・。うっ。心配。

フォーラムといえば。

先日、9月10日11日は佐賀でフォーラムがありました。

佐賀入りするまで、選挙のボランティアをしていたので、体調は最悪。
僕は疲れ切ると、「徹夜麻雀している時の午前2時30分」みたいな状態になります。
ようするに、ナチュラルハイになって、かえって元気にしゃべりまくるのです。
ろうそくの火が燃え尽きる瞬間、明るくなるようなものですね。

そんな訳で、変に元気一杯で佐賀に入った僕。佐賀に来たら九州ラーメン食べな!ということ
で、昼食は、ラーメンを食べました。

佐賀駅を背に右手に少し行ったところにあるラーメン屋さんの野菜ラーメン!

九州ラーメン.jpg

麺は九州ラーメンの細コリコリ麺なのに、スープは長崎ちゃんぽんのスープ。
たっぷりの野菜が乗って、めちゃうまです!うふふ。

フォーラム。僕はコーディネーターでした。

地方分権時代の地域福祉がどうなる?というテーマで4つの市町の首長さんと厚生労働省の
前介護保険課長・藤木さんという豪華メンバーでシンポジウムを行いました。

キーワードは「障害保健福祉のプライオリティ」だったように思いました。

障害福祉を進めるのに、今の時代は、バブルの時のように、地方財政がどんどん膨らむ時代
ではないので、何か事業をひとつやめないと、新しい事業が作れないということにどの首長
も大変苦労されている様子でした。「スクラップ&ビルドの時代」だということです。

そして、何かをスクラップして何かをビルドする場合に、スクラップした事業は、一度は作
った訳ですから、無駄な事業ではない訳で。必ず既得権者から批判がでる訳です。

その批判に耐えながら、新しい事業を作るとして。そのお金を障害福祉に回すのは、市民から
の合意が得られにくいので、なかなか難しいというのが、シンポジウムで浮き彫りにされた
問題だったように思いました。

全国の地方自治体の取り組むべき課題の市民が望む優先順位でも、40数項目あって、高齢
福祉は大体3位前後に来るらしいのですが、障害保健福祉は30位後半になるというのが、
様々な調査の結果であるようです。

要介護の高齢者が300万人の後半。障害者は知的50万、身体200万、精神250万。
合わせれば、要介護の高齢者を遥かに凌ぐ人数になるのに。

障害福祉のプライオリティ(優先順位)が地方行政の中ではとても低い。

「これはどうしてか?」この答えを障害保健福祉に関わるものすべてが真剣に考えて行動する
ことに、今後の障害保健福祉の運動の方向性があることは間違いないと思います。

「障害保健福祉を進めることへの市民の共感を呼び起こす運動」それが地方分権の時代には
必要不可欠だと思うのです。






posted by toeda at 13:17| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする