2005年09月04日

いそがしうれしの日々の巻き

疲れが頂点に達しています!

僕は疲れると、腰が痛くなって、それがなぜか胃に来ます。

ここのところ、いろいろなことがあって、忙しくて、疲れがピークに。
胃が重くなってきました。もちろん腰も痛い。うっ。

そんな日々ですが、神様が頑張れって言っているのか、いい事が続きました。

ひとつは、ある方から、建物を貸してあげるので、そこで喫茶店をやってくれないかと
声を掛けて頂いた事。

社会福祉法人むそうのうんぷうという中華茶房に来て下さったとのことで、障害のある方が
働く姿に共感して下さったとのこと。

障害のある方の頑張りが、とてもいい形で評価されたことがとてもうれしいです。
これは、来春に実現するかも知れないお話。信じられない位好条件ですので、きちんと
企画をし、理事や評議員の皆さんの意見を聞きながら、しっかり準備をしたいと思います。

もうひとつは、やはり社会福祉法人むそう関係で、にわとり小屋の移転先が決まったこと。

長らくお世話になっていたにわとり小屋のある場所が、いろいろあって移転することになり、
その移転候補地を探していたのですが、それが決まりました。

いつもながら、とても不思議なご縁がつながってのお話。

大家さんがとてもいい方で、僕達の活動に強く共感して下さってのことです。
このご縁とご恩にきちんと応えて行かなければと思います。

そしてもうひとつは、昨日、たった1週間の準備期間で行った西三河でのフォーラムが大成功
のうちに終わったこと。

かみしもを脱いで駆けつけて下さった横幕さん、群馬から仙台に行く途中に寄って下さった
田中@ネットワーク代表、相変わらずの仕切りぶりを見せる豊橋ふぃ〜る工房軍団、嫌だいや
だといいながら自分のアナウンスに陶酔するあ〜ちゃん、陰の支配人鈴木ね〜さん、
この企画をつないでくれた花井さん、神谷さん、そして主催のくるくるの皆さん、
西三河の親の会や施設の皆さん、近藤先生、天野@愛知ネットさん、

そして、スペシャルゲストの方! etc・・・・・・・・・

こちらも、本当に不思議な縁が数珠つなぎにつながっての大成功でした。

とりわけ、地域福祉不毛の地と呼ばれてきた西三河に、実はしっかりとネットワークができて
いたということが実感できたことが、とてもうれしかったです。

このフォーラムで出逢った人達が今後もネットワークを発展させて、すべての人にとって、
生活しやすい地域を作って下さるといいなぁと心底思う、素敵な集まりになりました。

そういった集まりに関わることができて、幸せでした。

そんなことで。体は弱っていますが、心は、元気をもらいました。(^^)
posted by toeda at 23:23| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

夏休みはちびっこギャングとともに・・・の巻き

慌ただしい日々の中、
       つかの間の休みを頂きました。


戸枝家は、昔から夏休みは軽井沢で過ごすことになっています。

っていっても、お金持ちとかじゃないのですよ。たまたま安い山荘が借りられるだけのことで。
夏の軽井沢は、とても涼しいです。夜なんて20度を切りますからね。軽井沢にいる間は、
快適そのものなのですが、お陰で、帰ってきてから暑さが身に染みて夏バテ。
困ったものです。

戸枝家は両親がこの2年の間に続けざまに死んでしまったのですが、兄弟が僕含めて7人、
その配偶者、子ども達となると、総勢20名はるかに越える大集団になります。

夜は飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎ。朝は早くから戸枝家マゴ軍団が大騒ぎ。

お陰で、せっかく涼しい軽井沢の夜なのに、おちおち眠れません。ああ。
休みはうだうだ寝たいのに。まあ、仕方ないか。

これが、戸枝家マゴ軍団。

軽井沢ちび.jpg

隊長は、写真向かって左の列、前から2人目のにこちゃんです。「笑」ってかいて「にこ」。
こんな名前をつけるうちのねえちゃんは、たいしたものです。(−。−)

にこちゃんがなぜ隊長かというと、単純に男軍団を従えているから。女は強い。

そして、これが、軽井沢で最高に彼らを夢中にしたものです。

05-08-15_11-08.jpg

何だかわかりますか?コオロギではありません。マダラカマドウマです。

うう。写真で見ても、グロイ。何とも言えないビジュアル。足が異様に発達しているので、
飛ぶとえらい飛び上がり、こっちに向かってきます。

正直、初代甲虫王者:ムシキングの僕でも、こいつは苦手です。
それなのに、うちのちび達は、見たことがないというだけの理由で、貴重な昆虫ということに
なるらしく、たいそうたくさん、採集されていました。

マダラカマドウマだらけの虫かご。グロ過ぎて、公開はできません。

お口直しに。初公開:しゅうちゃんです!

05-08-15_12-281.jpg

しゅうちゃんは、僕の実家のある群馬県の太田市に住んでいます。
赤ちゃんの頃から、地元に帰ると会っています。ダウンちゃんです。可愛いでしょ?

発泡スチロールの箱が気に入って、自分ではまって遊んでいました。
ちょっと前まで、筋力が弱くてふにゃふにゃしていましたが、今ではタッタと歩き回り、
他の子ども達にも、チョッカイを出しています。その成長ぶりが見ていてうれしいです。

あ。にこちゃんとしゅうちゃんの頂上対決は見たことないな。
ミルコとヒョードルのような、すさまじいカードになることは必至。
ぜひ、一度、僕の前で実現して欲しいカードです。

それにしても。やっぱり両親がいない軽井沢は寂しい。つくづく思いました。
僕は、両親に死ぬほど迷惑をかけて育ったので、何か心苦しく、会っても何をしゃべるでも
なかったのですが、いなくなると、両親に会いたくて軽井沢に行っていたのだと、
実感しました。











posted by toeda at 12:01| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

なるなる写真を貼ってみましたの巻き

泰三さん!こんなことしてみました。どやっ!

愛知県小坂井町手をつなぐ育成会副会長・未来の全育成を支える男・篠原泰三様より、
豊橋フォーラムのときの写真が届きました。

モノクロでかっちょいい感じでしたので、なるなるナルシストモード全開バリバリで、
Blogに貼ってみました。左のプロフィールの下にあります。

ど、どやっ!

僕を知らない人が、これを見た後で、実際に会っても僕だとわからない、微妙な角度が

「ぐぅ〜! 注:桂三枝風」

評判が良ければ、当面、本や雑誌、講演のときの顔写真はこれを使おう!

って。

ああ。こんな現実逃避をしている場合ではない。

障害者自立支援法案が廃案になりました。郵政解散のあおりです。
全国地域生活支援ネットワークの今後の運動方針などを急ぎ整理しなければなりません。
全育成は、今、緊急3役会を開いているようです。

どのみち、選挙が終わらないと、何もできませんけれどね。
政権の枠組み次第で、もう一度、今の法案が秋の通常国会に提出されるのか、新たな案を
作り直すのかが決まりますから。どうなるでしょうね。ふう。

ひとつだけわかっているのは、これで、障害福祉の今年度予算を組んでいない部分、居宅生活
支援費の2ヵ月分がきちんと地方自治体に支払われる可能性がとても低くなったこと。
そうなると、来年度の支援費の支給決定は、かなり厳しいものになりますよね。

補助金がきちんと来ない事業を伸ばすなんて、普通の自治体ではあり得ませんから。
もちろん、自分のいる、知多の自治体には何があっても障害のある方の地域生活を後退させて
はならないと自分なりに働き掛けます。
でも、知多には当事者組織も親の会も運動団体としてはまったく動いていないからなぁ。

どうなりますかね。住民の声がないとしたときに、事業者がなんか言っても、しょせん、
自分達の既得利権の確保のために言っているとしか取られないですからね。
全国的にも地域福祉が後退する自治体続出でしょう。

感情的に、利用者負担などの問題だけを見て、障害者自立支援法案の審議を遅らせ、今回の
事態を招いた人々は、今後、どのような責任を取るのでしょうか。

取らないよなぁ。きっと。正しいことをしたまでということでしょうな。





posted by toeda at 16:16| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ウツやらハゲやらの巻き

僕達30代は、本当に貧乏くじを引いていると思います。

昨日、大学時代にたいそう可愛がって頂いた先輩が出張のついでにアートスクウェアに寄って
下さいました。

変わらないなぁといった感じで、あれやこれやとお互いの近況報告。
すぐに昔の関係に戻れるのが、大学時代の付き合いのいいところですな。

しばらく話をしてから、はたと思い出し、聞きました。

「そういえば、おぢちゃん一時期、連絡取れなかったよね。どうしてた?」

先輩がなぜか、うれしそうに、答えました。

「頭に円形ハゲできて、仕事をセーブしておとなしくしてた」

僕はやっぱりと思って、は〜とため息です。

僕がちょうど就職の年にバブルがはじけました。お陰で、どんどん職場環境が厳しくなって
行きました。僕は施設にいた時代、ついに7年間正規職員の男性の後輩を持つことはありま
せんでした。そうなると、ず〜と、若い新人男性職員がやらなければならないことをし続け
る訳で。

僕は、まだいいか。新人がする朝早く出勤してお茶入れをするという作業を、10年間続けた
友達もいます。その友達は、安定剤のお世話になりました。僕達って、そういう世代です。

施設の認可のための書類と支援費の事業所指定の書類と職員採用、配置などを一気に終えた
平成15年の4月から1年間、僕はすっかりうつ病でした。

組織は僕がいないとまわらない状態でしたので、出勤はして、自分の部屋というのを作って
もらい、決済だけして、誰にも会わないように、元気になるまでこもっていました。
スタッフの中にも、あの人は何やってるんだと思っていた人がいたんじゃないかと思います。
とりわけ、ふわりの利用者は、皆僕に不満を持っていると思い込んでいたので、利用者の親
に会わないように暮らしていました。

少数ながら、理解し、支えてくれる職員がいたので、やっと元気になりましたが、相当しん
どかった。でも、働きながら元気になれた僕は、相当ラッキーでしょう。
元気になれないまま、それでも壊れるのを覚悟で働き続けている友達がたくさんいます。
何を求めて、どうしてとか、そんなこと考える余裕もなく。生活が働けど働けどギリギリな
ので、休むわけにはいかないのです。

親に余裕がある若者は、そんな僕達を見てニートになるんだろうな。

ウツだのハゲだの。続出していても、その状況を変えようと誰も思わないのはなぜ?
ハードワークが当たり前で、それに耐えられない人は、いっぺんに福祉を受ける側に行って
しまう。予防の概念がまったくないですからね。日本の福祉は。
そんなことを思いながらも、僕も、うちの職場自体も、ハードワークな訳で。

別れ際、「おぢちゃん、無理しちゃダメだよ」と言いかけて、「お前にだけは言われたくね
ぇ!」って怒られると思ってやめました。

次に会うときまで、お互いに元気だといいね。おぢちゃん。








posted by toeda at 21:04| 🌁| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

自分の肉体年齢を知っていますか?の巻き

いつまでも若いと思っていてはいけなぁい!

先日、酒を飲んでいたら、全国地域生活支援ネットワーク代表・田中正博様が、突然僕に
言いました。

「とえだ君。最近の体重計って、すごい進化しているって知ってる?」

僕が、えっ?という顔をすると、田中代表が最近の体重計は、いろいろな機能がついていて、
体にゆるい電気を流し、体脂肪などを測定してくれるんだと教えてくれました。

「へえ〜」「ほ〜」と言いながら僕は聞いていたのですが、その話の最後に、田中代表が、
言いました。

「でさ、そのいろいろ測定できる体重計を買ったのさ。そしたら、内臓年齢ってやつが測定
できてさ。測定したら、何歳だったと思う?」

田中代表がじ〜と僕を見ます。田中代表・44歳。酔えば酔うほどなぜかいい話をする謎の
男。あの酔いぶりを見ていると、内臓年齢が、実年齢より若いはずはございません。
僕が答えられずに、「う〜」と唸っていると、田中代表が言いました。

「俺の内臓年齢、54歳だって」

顔は笑っていますが、目が真剣で怖い。うう。怖い。

内臓が実年齢より10歳も年取ってるって、考えると恐ろしいなぁと、すっかり気になって
しまい、夜寝ていても考えてしまうようになってしまったので、えいっと、僕も体重計を
買ってしまいました。香取慎吾の宣伝しているやつ。うふふ。

家で、そそと体重計に乗って、測定してみると・・・

僕の肉体年齢・43歳!

ああ。体脂肪率は思いの他大丈夫。固太りタイプらしいのだが・・・。43歳って。うう。
ふ、ふっとさる、頑張るしかないか、ふ、ふっとさる・・・



posted by toeda at 00:52| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

アクセスカウンターをつけたのさ!の巻き

このブログ、なんか、人気です。

このブログには、アクセス解析機能がついているのですが、このブログを見ている人の人数が
えらく増えてきました。

1日に90人を越える人が見に来て下さるようになり、ページビューは200をはるかに越
えています。

う〜ん。僕の日常っておもしろいのだろうか?モバQ

ブログをはじめてから今までのまとめをしてみると、訪れてくださった方が延べ2348人、
ページビューが延べ9426回でした。すごい!後少しで1万だわさ。

こんなに人が来て下さるのならと、アクセスカウンターを付けてみました。
ブログの一番上の音符です。かわいいでしょ?

勢いに乗って、僕の関係する団体や推奨HPなどのリンクも少し張ってみました。

ぷぷぷ。また少し、立派なブログになったな。ぷぷぷ。わーい(嬉しい顔)
posted by toeda at 00:38| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

戸枝、それは、マニアの血統の巻き

血っていうのは、結構、怖いものです。

 昨日、調べ物があって、母校、日本福祉大学の図書館に行きました。

 目的の本を探すために、図書館にある検索用のパソコンをいじっているうちに、そーいや、
いつだか、誰かが、日本福祉大学の図書館に「活躍する卒業生コーナー」があって、僕の
載っている新聞だの雑誌だの本だのがまとめてあると言っていたなと思い出し、「戸枝」と
入力して、それがデーターベースになっているのかを調べました。
 
 本人としても、どんな扱いになっているのか、興味があったのですな。

 「検索」のアイコンを「えいっ!」と言いながら、押しました。

 すると。まったく僕のことは、出てこなかったのですが、一件、「戸枝」で引っかかった
ものが。そこには、「戸枝百十彦」と書いてありました。

 「ひゃくじゅうひこ?」ど、どう読んだらいいのでしょうか?未だわかりません。うっ。

 何でも、昭和の初期に小学隊列運動法というのを考え、本にした人らしい。
 その本が、日本福祉大学の図書館にあるらしい。

 内容には、まったく興味はないけれど、日本中で400人ほどしかいないらしい、戸枝の
名前の人の書いた本だというだけで、読んでみたい気がする。うっ。

 事務所に帰ってきて、ふっと思い、「戸枝」でGoogle検索をしてみました。すると・・・

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2004-33,SNYA:ja&q=%E6%88%B8%E6%9E%9D


 若くして区議会議員になっている人はいるわ、将棋を極めている人はいるわ、「インド密教
における『秘密集会タントラ』の位置づけ」という、えらいやばい卒論書いている人はいるわ、
手作り家具作っている人はいるわ、牧師さんや研究者がいるわで・・・

 戸枝って、マニアックな血統なのか?ドコモポイントうーん。

 自分が見たこともない、自分が出ているホームページも見つけて爆笑。

 どうです、この若い僕の顔ったら。 http://www.heartfriend.jp/sigoto/toeda.htm

 最近、急に老けたよね、僕。ま、もう年だしね。見た目は気にせず、戸枝血統に恥じぬよう、マニア道を僕も突き進もう。
posted by toeda at 00:18| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

まさに激しい衝撃!の巻き

久々に競馬場に行って来ました。

 土曜日に母の法事(うちは、クリスチャンだから、法事ではないのだけれど・・・
適当な表現が見つからない。うっ。あ!追悼ミサか!)があり、群馬県太田市の実家
に帰省しました。
 

 うちの母は、昨年11月末に亡くなったのですが、どうも、離れて暮らしているためか、
母がいないという実感がまったく湧きません。

 それでも、母のいない実家に滞在していると、じわじわっと、悲しくなって来ました。
7人いる兄弟+その配偶者+8人の甥っ子姪っ子軍団で戦場のような騒がしさに包まれて
いた実家が、なぜか、とても寂しい空間に感じられました。

 やっぱり、僕は、里帰りというと、群馬に帰っていたんじゃなくて、父母に会
いに行っていたんだなぁということを二人ともいなくなってみて、初めて確認。しみじみ。
 

 法事(じゃないか!)の翌日、東京で用事があったので、弟に上越新幹線の駅まで送って
くれと頼むと、「高崎に送ってやるわ。でも、競馬場経由になるけど、いいか?」とのこと。
 そうか、皐月賞か。競馬のG1レースがあるのです。時間も大丈夫だから、僕も久々に
付き合うか。ということで、高崎競馬に。

 競馬場について、びっくり!競馬場の競走馬が走っているはずのところを、車が走ってい
るじゃあ〜りませんか!(注:なぜかちゃ〜りい浜調)
 
こんな感じですわ。

高崎競馬1.jpg

 売上不振で、廃止になりそうだとか、それをライブドアが引き受けるとか言っているなん
て話は小耳に挟んでいましたが、まさか、こんな状態になっているとは。

スタンドから見ると、こんな感じですわ。

高崎競馬2.jpg

 びっくりというよりは、寂しいですよね。高崎競馬は、ただの場外馬券場になっていま
した。全国に30あった公営競馬は、現在22まで減ったそうです。
 22のうち、赤字の競馬場が10。宇都宮がつい先日廃止になりました。

 本当に競馬は魅力がなくなったのでしょうかね。公設ではなくて、民間が規制緩
和してもらって経営をしたら、まだまだやれる気がするのですが。
 

 ギャンブルは、お上から、規制でがんじがらめにされていますからね。本来魅力的なも
のなのに、行政がダメにしてしまった典型例が公営競馬のような気がします。
 それこそ、市民活動に運営をまかせて、様々なイベントなどと協同したら、まだまだ、
競馬場って、魅力的な場所になると思うのですが。

 フリーマーケットとか、芝を使ったフットサル大会とか、子ども向けワンワン競争とか。
 どこか、潰れそうな競馬場で、僕に運営委託して下さるところは、ないでしょうか?

 そんなことを大好きな焼きそばを食べながら考えていたのがいけなかったのか、馬券は、
ひどいことに。
 
 グリグリの本命馬・ディープインパクトを蹴飛ばし、穴党の僕は、ディープ差し届かず、
前残り期待で、「マイネルレコルト」流し。
 
結果は・・・。聞かないで下さい!キカナイデクダサイ!

 財布にディープなインパクトを受けました。うっ。ダービーはおとなしく、怪物馬の相手
探しを致します。






 
posted by toeda at 00:36| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

健康けんこう!の巻き

健康を確認すると、何となく元気がでるものですね。

今日は、春の恒例行事、健康診断でした。

 今までは、半田市の医師会がやっている検査センターに行っていたのですが、アートス
クウェアという僕が経営する施設のお隣が、一の草病院さんという病院で、施設の嘱託
医だということもあり、今年度から、一の草さんで検診をして頂くことになりました。

 健康だけが取り柄だと思っていたのに、ここ数年は、不整脈が検出されたり、何かと問
題のある検査結果が、続いています。今年も、どこか、悪いのかも・・・

 そんなドキドキをやさしい看護士さん達に救われながら、つつがなく、検診は進み、最
後に先生の所へ。

 「心臓も肺もよし!」レントゲン写真を見ながら、先生の力強いお言葉。
 ああ、健康万歳!

 でも、血圧が130は、ちょっと高いですね。体重を落とされた方が・・・

 うっ。痛い。一時期よりは痩せたとはいえ、ここ数年ストレスで急激に体重が増加した
のは事実。(−−)血圧まで上がっていたとは。
 先生によると、3〜5sは痩せた方がいいらしい。結構、落とすのに大変な数字だなぁ。

 血液検査の結果は、まだ出ていないので、全部がわかった訳ではないのだけれど、と
りあえず、今日の時点では、健康らしい。うふ。
 
 さっき、コンビニに寄って、ジュースを買いました。自然と手にしたのは・・・

 「ダイエットペプシ!」

 このやる気がいつまで続くかが、減量が成功するかにかかっているのですね。
ううっ。モバQ
posted by toeda at 18:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

36歳にして、日雇いになってしまった!の巻き

平成17年4月1日、僕は日雇いに。

 社会福祉法人を作り、ふわりというNPO法人でやりたかった、「どんなに重い障害の人
でも、きちんとした環境、支援があれば、地域で死ぬまで生活できる」ということを証明す
るというチャレンジは、一定の到達点に達したであろうと思います。

 また、個人的な想いとしても、今後、障害福祉とかいう狭い世界にとらわれず、やりたい
ことをやりたいと思っています。そんなことをいろいろと考えた結果、4月1日付けで、
僕は社会福祉法人むそうとは、日雇い契約にして頂きました。

週32時間労働ということになるようです。残りの時間は僕の時間。ふふふ。

 むそうのスタッフが、まだまだ社会人としてひとり立ちするまでには、至っていないの
で、介助の質を初めとした、様々なサービスの質の底上げを丁寧に関わっていこうと思い
ます。スタッフからは、そこに今しばらく関わってくれと言われていますので。
 
 一方で、利用者で、僕が固定給でむそうに関わらないと言ってから、特に引き止める人
もなかった。引き止める人がいたりすると、僕としても、なんとなく、自分の我がままみた
いな部分が気になったと思いますが、いませんでしたから、ひどくさっぱりした旅立ちです。

 よっぽど嫌われているか。ま、僕ははっきりものをいうし、今までの展開はとても速す
ぎて、説明不足とか、見落としが一杯ありましたからね。嫌われても仕方ない。
そう覚悟してやってきました。ま、人格も足りないのですが。(−−;
 
 信長は、本能寺で死にましょう。変革者は敵も多くできる。

 うーん。若干、本当に僕のことを深く理解してくれていて、やりたいことをやりなさい
とか、次のステップに行きなさいという意味で、引き止めない人がいることもわかります。
 そういう人は、向こうが何も言わなくてもわかるので、こっちも、心の中で手を合わせて
います。(ありがとうございます)

 この春、わかりやすくいうと、社会福祉法人むそうに今までのふわりの運動が
引き継がれ、スタッフも利用者も支援者もみんな移り、僕も、嘱託で理事長職は、
しながらも、ひとり、NPO法人ふわりに残ったという感じが、一番、正確な感じだと思います。


 お医者さんが、医者しながら、社会福祉法人の理事長を兼務するように、僕の場合、
NPO法人のスタッフをしながら、社会福祉法人の理事長を兼務する。そんな感じ。
 そういう意味では、NPO法人ふわりがホームグランドで、社会福祉法人に嘱託で行くみ
たいなイメージをして頂ければいいと思います。

 同時に、「全国地域生活支援ネットワーク」という地域生活支援のための全国組織の
事務局も動かしていきます。時間的な関わりというか、仕事のボリュームとしては、ここが
一番、しばらくはメインになると思います。

 日雇いになって可愛そう!と思われた方は、地域支援ネットに入会して僕を支えて下さい。全国地域生活支援ネットワークホームページです→ http://www.shien-net.org/

 NPO法人ふわりは、また、新たな夢に向かって動きます。新しいお祭りの中身は近日公開。ふふふ。ふふふ。
 まずは、新しい職員探しからしなくっちゃ。やることは、いろいろアイデアあるんですよ。
ふふふ。ふふふ。

 月15万くらいの給料で、僕にこき使われたい、勇気ある若者はいないでしょうかね。
大変だけれど、「生きてるなぁ、私」って思うような時間を提供しまっせ。ふふふ。

そんな訳で、今、NPO法人ふわりの事務所には、僕ひとりです。うっ。寂しい・・・
 

posted by toeda at 01:54| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

BLOGを始めるの巻

今日から、blogを始めることになりました。

ことの発端は、障害のある方の地域生活支援の形を考えるNPO法人ふわり
の活動が発展する形で、社会福祉法人むそうという団体ができ、
そこのホームページの企画を考える中で、

1.いくら言ってもITを使いこなそうとしないスタッフの皆様に、その必要性や楽しさを
  理解して頂く手段として、「一人ひとblog運動」をしようと思い立った。
2.これからの福祉は、団体はおろか、個人が選ばれる時代に入るだろうということで、
  それぞれのスタッフの個性を利用者の方に伝える必要があるだろうと仮定した。
3.blogをみんながやれば、ホームページが常に動いて、コンテンツが充実し、以前の
  ふわりのホームページのような、動きのないホームページにはならないだろうと考えた。

などなどの理由から、スタッフロールとそれに付随する形でblogをスタッフそれぞれに
持って頂くことになり、言った以上、言いだしっぺである僕が、手本となるように、
blogを運営しないとまずいっしょ!と思った次第です。

でも、問題は。結構、ヘビーなやり取りがふわりの掲示板であったりして、匿名性が高い
ネットでの情報発信とコミュニケーションにかなり不信感が募っている私としては、
そうはいっても、Blogを運営することが、そのリアクションも含めて憂鬱だということです。

そんな訳で。気分のいい時だけ、書き込みをしますし、内容もあくまでも個人的な内容に
して、仕事というのか、社会的な存在としての僕としては対応しないと決めていますから、
そういう前提でお付き合い下さい。


ようするに。いろいろこんなところで、クレームとかヘビーな意見を言うような、
無粋なことはしないでねというお願いです。
ここを見てくださる方が、そういう前提でフレンドリーである限り、僕の脳みその中身を
小出しに一般公開して行こうと思っています。

ああ。気分が重くなった瞬間に閉鎖です。いつまで続くやらですね。モバQ
posted by toeda at 15:37| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする